【レビュー】4K&HDRのゲームが1msでヌルヌル動く!PS4 Pro対応ゲーミングモニター『BenQ EL2870U』 [AD]

レビュー

 「4K&HDR映像でゲームを遊んでみませんか?」とのお誘いがあり、BenQが日本国内で発売予定の液晶ディスプレイ『EL2870U』を一足先に試用させて貰いました。

 『EL2870U』はいわゆる「4Kゲーミングモニター」で、『PS4 Pro』や『Xbox One X』といった4K映像&HDR画質に対応したうえで、応答速度は1ms(GTG)というすごいやつです。まさにゲームを遊ぶための液晶ディスプレイ。

 これまで普通のフルHDでしかゲームをプレイしたことがなかったのですが、4K&HDRでのゲーム体験はヤバいです。一度味わったら戻れなくなります、マジで。

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

細部まで描写される4K映像

 まずは『モンスターハンター:ワールド』をプレイしてみました。いま、PS4で遊ぶタイトルと言ったらモンハンですよね。

 これまでのフルHDでも全く不満のないグラフィックだったのですが、4Kでプレイしてみて驚きました。細部の描写が全然違います。

 今までキレイなように見えてじつはぼやけていたんです。この風景シーンを見て貰うとよく分かると思います。

 植物の線の一本一本から岩肌の段差まできっちり描かれています。これが4K映像の品質。こんなものを見てしまってはもうフルHDに戻れなくなってしまうじゃないですか(試用なので『EL2870U』は返却してしまうのです……)。

 「グラフィックがキレイ」というのは使い古された言葉ですが、聞くと見るとでは大違い。プレイしているのは同じゲームですが、映像から受ける印象が大きく異なります。

 食事場で食べるいつもの定食も前より美味しそうです。

 鶏の丸焼きのテカりとコゲがね、違うんですよ。あとロブスターのヒゲとか。

 「PS4®Pro ENHANCED」タイトルは絶対にPS4 Pro&4Kゲーミングモニターでプレイした方が良いと思わせてくれました。

HDRで光と影がくっきりなめらかに

 続いて『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』をプレイしました。じつは遊ぶの初めてというか、このために購入しました!

 ニーア オートマタをプレイして気づいたのはライティングとシャドウの違いです。HDRが効いているのだと思いますが、光と影の違いがよりくっきりとし、それでいてテクスチャはなめらかです。

 通常、光っているエフェクトのあたりは分かりづらいのですが、写真で見て分かる通り。ロボットの故障を表現する電撃があるにも関わらず、肩周りや凹凸の影がくっきりと描写されています。

 さらにサビの部分が浮き上がっていることすら認識できます。これはすごい。

 人物に注目するとより分かりやすいです。

 髪の毛がどう折り重なっているのか、服装にどう光があたっているのか。ハッキリと描かれています。

 もちろん4K映像としての美しさもカンペキです。

 キャラクターの描写にボケはなく、それぞれの線を確認できます。BenQさん、ニーアをクリアするまで『EL2870U』貸してください。

写真で比較する4K&HDRゲーム

 続いて実際にこれまで使っていた液晶ディスプレイと『EL2870U』でそれぞれ写真を撮って比較してみました。

モンスターハンター:ワールド

 まずはモンハンワールドから。こちらがフルHD。

 こちらが4K&HDRです。

 髪の毛というか、装備もふくめて毛先の表現が細かくなっていることが分かるでしょうか?

 また、頑張って美人に作ったアバターが『EL2870U』だとさらに美人になっているのが嬉しいですね。

 そしてなんとあの受付嬢も美しく!

 「フルHDにジャギーってあったんだ……」って驚いています。

 これは4K&HDRでプレイするしかないですね。

NieR:Automata(ニーア オートマタ)

 続いてニーアです。比較するのはもちろん2B(トゥービー)。

 これがフルHD。

 これが4K&HDR。

 もはや説明不要レベルで次元が違うッ!!

 横から見ても2Bの美しさが際立ちます。

 白黒画面ですがアップはこちら。

 4K&HDRのアップ。

 白色と黒色の境目がよく分かります。胸の前に掲げている腕に注目すると分かりやすいですよ。

人喰いの大鷲トリコ

 最後に『人喰いの大鷲トリコ』で試してみました。トリコの違いは細かいレベルとかではなく表現のレベルで違いました。

 これがフルHD。

 これが4K&HDR。

 トリコの目が光ってます。そのほかフィールド上にあるオブジェクトもところどころ発光しています。

 普通の映像と4K&HDRでこれだけ表現が違うなんて、もはや別ゲーでは?

4K&HDRに対応していないゲームだとどうなる?

 ついでに気になったので『Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』でどうなるのかも比較してみました。

 スイッチは4Kに対応していないため、基本的には液晶の色味以外は変わらないはずです。

Splatoon2のインクめっちゃキレイやん

 試してみたタイトルは『Splatoon2(スプラトゥーン2)』です。

 これがフルHD。

 これが『EL2870U』のフルHDです。

 こ、これは明るい!

 イカちゃんの髪の毛の部分がツヤッとしているのが分かるでしょうか?

 フルHDは「テカッ」としているのですが、『EL2870U』は「ツヤッ」です。なんていうか表現がキレイ!

 続いてアップで撮りました。

 こっちが『EL2870U』のアップ。

 『EL2870U』の方が影のメリハリがすごいです。

 ガチマッチもプレイしましたが、ウデマエS+で普通にオールキルとか取れる映像表現でした。

ゲーム実況者は4K&HDR対応キャプチャボードの登場待ち

 ちなみにこんなに素晴らしい4Kゲーミングモニターの『EL2870U』ですが、ゲーム実況をしている人は4K&HDRに対応したキャプチャボードが出揃うまで注意した方が良いです。

 現行のキャプチャボードのほとんどは4K&HDR映像のパススルーに対応していないため、キャプチャボードを経由してPS4 Proの映像をPCに録画しようとしてもできず、画面も写りません。

 対応したキャプチャボードが出るまではけっこう特殊な配線が必要になると思います

『EL2870U』の大きさ、スペック、発売日まとめ

 最後は実際に利用しているときの見た感じを紹介します。

 製品がきれいに写っている画像はメーカーのサイトを見て貰うとして、このレビューではどれくらい大きさが異なるのかが伝わればと思います。

『EL2870U』をデュアルディスプレイで使用!

 まずは通常のボクの作業環境です。両方24インチの液晶ディスプレイのデュアルディスプレイ環境で、右側の液晶ディスプレイでゲームをプレイしています。

 なので右側を交換します。はい、ドーン!

 『EL2870U』が27.9型ワイドなせいか、見た目おかしくなってるレベルで大きく感じますw

 単純に横一直線で並べられないため、『EL2870U』をつけた方のディスプレイアームを前に持ってきているのですがなかなかに大きいです。

 また、写真に撮って初めて気づいたのですが以前の液晶ディスプレイは購入から6年が経過しているせいか、色味がやや赤いです。

 でも『EL2870U』に変えたことでよりキレイな青色に!

 液晶ディスプレイも定期的な買い替えが必要ですね……。

『EL2870U』のスペック表

 『EL2870U』のスペックは次の表の通りです。

製品名 EL2870U
サイズ/パネル/バックライト 27.9型ワイド/TN/LED
本体サイズ(W×H×D) 658×476×150mm
本体重量 5.7kg
解像度 4K UHD(3840×2160)
画素ピッチ/画素密度 0.155 ㎜/158ppi
アスペクト比 16:09
コントラスト比 1000:1 (DCR 1200 万:1)
視野角(左右/上下) 170°/160°(CR>=10)
応答速度 5ms(GTG 1ms)
リフレッシュレート 60Hz
VESA 規格 100×100 mm
消費電力 標準55W/待機時<0.5W
スピーカー 2W×2
ヘッドホンジャック
入出力端子 HDMI 2.0×2/Display Port1.4
USB
同梱ケーブル 電源ケーブル/HDMIケーブル(各約1.5m)
その他付属品 クィックスタートガイド/DVD-ROM/保証書
保証期間 3年保証(パネル、ライトは1年保証)
フリッカーフリー
ブルーライト軽減
ブルーライト軽減プラス
ブライトネスインテリジェンス(B.I.)
ブライトネスインテリジェンスプラス(B.I.+)

BenQ独自のアイケア技術で長時間プレイでも目に優しい

 以前にもBenQの液晶ディスプレイ『EW2770QZ』のレビューで紹介しましたが、最近のBenQの液晶ディスプレイには目の疲れを軽減するアイケアテクノロジーが搭載されています。

 参考)【レビュー】徹夜ゲームでも目が痛くならないBenQのアイケアディスプレイ『EW2770QZ』

 アイケアテクノロジーにはブルーライトをカットする「ブルーライト軽減」、液晶画面のチラつきをなくす「フリッカーフリー」、は周囲の明るさや色温度にあわせて発色を自動で調整する「B.I.+(ブライトネスインテリジェンスPlus)」があります。

 とくにB.I.+技術はすごいので、どのように調整されるのは以下の動画からどうぞ。

『EL2870U』の発売日と価格

 『EL2870U』は4月11日から発売、価格は5万円前後になるとのことです。

 BenQ 27.9型 4K HDR 1ms ゲーミングモニター EL2870U | BenQ Japan

製品を試用できるBenQアンバサダー募集中!

 なお、BenQではBenQ製品のイベントやモニター企画などに参加できる「BenQアンバサダープログラム」を行っています。

 BenQの新しい製品を試用してみたいという方は、登録されてみてください。

 BenQアンバサダープログラム

著作権表記

モンスターハンター:ワールド:©CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.
NieR:Automata(ニーア オートマタ):© 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by PlatinumGames Inc.
人喰いの大鷲トリコ:©2016 Sony Interactive Entertainment Inc.
Splatoon2:©2017 Nintendo