[レビュー] iPhone 14 ProとiPhone 15 Pro用ケースを比較!流用できる?できない?

[景品表示法に基づく表記][PR] 当ページのリンクには、アフィリエイト広告が含まれている場合があります。

 iPhone 15 Pro用ケース『UPRO Ostand R』のサンプルをTORRASさんから頂いたので、旧モデルのケースを流用できるのかiPhone 14 Pro用ケースと比較してみました。

目次

iPhone 14 ProケースをiPhone 15 Proには流用できない

 結論から言うとiPhone 14 Pro用ケースをiPhone 15 Proには流用できません。

 その理由を比較写真とともに解説します。

ボタン配置は一見すると流用できそうだけど?

 まずは右側サイドの電源ボタンですが、こちらは変化がないようです。

 次に背面カメラのバンプ(突起)部分ですが、こちらも同じ大きさです。

 最後に左側サイドのミュートスイッチ(iPhone 15 Proではアクションボタン)と音量ボタンはさすがに大きさが異なりますが、アクションボタンはミュートスイッチのサイズに収まっているため流用できそうに見えます。

Lightning→USB-Cの変更でホールサイズが拡大

 しかし、問題はここからです。

 iPhone 15シリーズでは待望のUSB-Cポートが採用されていますが、これによりポート部分に必要なホールサイズが大きくなっています。

 iPhone 14 Pro用ケースのLightningケーブル用のホールサイズでは、USB-Cケーブルが挿さらない恐れがあります。

iPhone 14 ProとiPhone 15 Proでは本体サイズも違う

 また、iPhone 14 ProとiPhone 15 Proでは本体サイズも変更されています。

 以下がiPhone 14 ProとiPhone 15 Proの本体サイズ比較表です。

iPhone 14 ProiPhone 15 Pro
高さ147.5 mm146.6 mm
71.5 mm70.6 mm
厚さ7.85 mm8.25 mm

 iPhone 15 ProはiPhone 14 Proと比較すると高さ、幅ともに小さくなったうえに、厚みは増えています。

 手前がiPhone 15 Pro用ケース。幅が小さくなっている。

 これは実物のケースを比較して確認できるほどのサイズの変化です。

iPhone 15 Proは専用ケースの購入が必須

 iPhone 15 Proを購入する予定のある人は、ケースも買い替える必要があります。

 ちなみに『UPRO Ostand R』はMagSafeに対応しているほか、本体背面の回転リングによるスタンド機能もついています。

 ケースには好みがあると思いますが、どのようなケースでもMagSafe対応製品を買った方が便利です。

[amazon asin=”B0CBC2WVRQ” kw=”TORRAS iPhone 15 Pro 用 ケース UPRO Ostand R”]

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

猫が好き。福岡でライターやって生きてます。
お仕事のご相談は digimaganet@gmail.com まで。
いつもTwitter(@digimaga)に生息しています。

目次