過去30日間に作業したファイルを呼び出せる『Windows10』の新機能「タイムライン」の使い方

[景品表示法に基づく表記][PR] 当ページのリンクには、アフィリエイト広告が含まれている場合があります。

『Windows10』の大型アップデート「April 2018 Update(1803)」から、過去30日間の作業ファイルを呼び出せる新機能「タイムライン」が追加されました。

この記事ではタイムラインの使い方について説明します。

目次

タイムラインの使い方

タイムラインはデスクトップ画面の左下にある【タスクビュー】をクリックすることで表示されます。

タイムラインにはいま開いているアプリと、過去7日間に作業したファイルの一覧が表示されます。

アクティビティの同期をONにすると最大30日まで増やせる

タイムラインを一番下までスクロールすると、表示する日数を30日まで増やせるオプションが表示されます。

「有効にする」をクリックすると最大30日まで表示されるほか、ほかのデバイスからもチェックできるようになります。

アクティビティの同期をオフにしたい場合は、【設定】→【プライバシー】→【アクティビティの履歴】から行えます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

猫が好き。福岡でライターやって生きてます。
お仕事のご相談は digimaganet@gmail.com まで。
いつもTwitter(@digimaga)に生息しています。

目次