子猫を2匹保護したけどミルクエンゲル係数の上昇率がヤバい

[景品表示法に基づく表記][PR] 当ページのリンクには、アフィリエイト広告が含まれている場合があります。

rescued-kitten-milk-engels-coefficient

先月、ウチに野良猫の子猫(生後1週間くらい)が2匹持ち込まれまして、その保護というか面倒をずっと見ているのですが、ミルクエンゲル係数の上昇率がヤバいです。

ミルクエンゲル係数ってのはなんか思いついた単語で、単純にただの子猫用ミルク代なだけなんですが、この1ヶ月を振り返ってみると「かかったな」と。

飲ませてるミルクは評判の良いコレなんですが、たった2匹なのに1週間もちません。

[amazon asin=”B003O8SFDO” kw=”ワンラック キャットミルク”]

とりあえず6日はもってると仮定しても、ひと月に5缶で1,592×5で7,960円。日によっては子猫の方が贅沢してるかもしれない。

たまに猫ブログで子猫を5匹も6匹も保護してる人を見るけど、アレ、すごいミルク代かかってるんだろうなー。

このほかにも病院代とかケージ代とかもろもろかかってますが、あんまり計算したくないというか考えたくないので気にしない方向で。

皆さんが見たい保護した子猫の動画はこちらです。

物資の援助も受け付けております!

子猫たちの救援希望物資リスト

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

猫が好き。福岡でライターやって生きてます。
お仕事のご相談は digimaganet@gmail.com まで。
いつもTwitter(@digimaga)に生息しています。

目次