【レビュー】充電とイヤホンでの音楽再生を同時にできる『ベルキン ライトニング デュアルアダプター』

レビュー

 ワイヤレスイヤホンだと音が遅れるから有線で音楽を楽しみたいけど『iPhone』のバッテリーがもたない。そんな問題を解決する『ベルキン ライトニング デュアルアダプター』を紹介します。

 と言ってもとくに難しいような製品ではなく、『ベルキン ライトニング デュアルアダプター』はLightningポートとLightningポートと3.5mmイヤホンジャックに分割するだけの製品です。

 だからLightningケーブルとイヤホンの有線ケーブルを挿すだけ。これだけで問題なく利用できます。

『ベルキン ライトニング デュアルアダプター』はLightning延長アダプタにはならない

 これだけだとさすがにアレなので、マニアックな使い方を検証しました。

 『iPhone』にはいくつかLightning端子を搭載したアクセサリが発売されています。『ZOOM MSステレオマイクロフォン iQ7』もそんな製品のうちのひとつ。

 『ZOOM MSステレオマイクロフォン iQ7』は、Lightningポートに挿すことで高品質な音声を録音できるようになるマイクです。

 で、これを『ベルキン ライトニング デュアルアダプター』を挿したところで反応はしません。要するにLightning延長アダプタとしては動作しないということです。

 Lightning延長アダプタは怪しげな中華製品がいくつか販売されていますが、あんまり動作が安定しないのであまりおすすめしません。

 Lightning延長アダプタは動けばラッキーくらいの精神で買いましょう。

『ベルキン ライトニング デュアルアダプター』は急速充電にも対応?

 続いてLightningポートが急速充電に対応しているのかを検証します。

 計測に利用したのはこれまた怪しい中華製の『USB-C 電圧・電流チェッカー』と、Ankerの『USB-C Lightningケーブル』と『Anker PowerPort Atom III』です。

 これで普通に充電した場合と、『ベルキン ライトニング デュアルアダプター』を経由して充電した場合の数値を計測します。

『iPhone SE(第2世代)』の急速充電を検証

 まずは『iPhone SE(第2世代)』です。

 こちらが通常の充電。

 こちらが『ベルキン ライトニング デュアルアダプター』経由の充電です。

 数字は同じでした。

『iPhone 11 Pro』の急速充電を検証

 続いて『iPhone 11 Pro』です。

 こちらが通常の充電。

 こちらが『ベルキン ライトニング デュアルアダプター』経由の充電です。

 『iPhone 11 Pro』ではやや数字は違いました。

 という結果でしたが、『ベルキン ライトニング デュアルアダプター』は急速充電に一応対応していると思います。

 ……思います、というのはボルト(V)とアンペア(A)をかけても18ワット(W)になってないんですよね。

 中華製の『USB-C 電圧・電流チェッカー』では正しく計測できないか出力できないのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました