ブログ考

『はてなブックマーク』からの流入がないと死ぬブログなら内容を見直せ(追記あり)

昨日『はてなブックマーク』でというか『はてなブログ』でというか、とにかくはてなでトマトネタが乱舞してました。
ブログ考

【ブログ考】お金儲けを目的にブログを始めるのはオススメできない(追記あり)

「プロブロガーに俺はなる!」とブログを書き始めるのをまあ悪いことだとは言いませんが、その目的が“お金儲け”なら現役ブロガーとしてちょっと考え直すことをオススメします。
ブログ考

【ブログ考】ウェブで意見を発表すれば批判されるのは当たり前のこと

最近の炎上案件で「なぜか批判される」と嘆いている方が複数おられまして、こういう考えの人はけっこう多いのかもしれないなと思い久々にブログについて語ることに。あの、ウェブで意見を発表すれば批判されるのは当たり前のことですよ?
ブログ考

【ブログ考】昔は許されたステルスマーケティングが今許されないことを理解できない人たち

ステルスマーケティングの問題をデジタルマガジンでも取り上げるようになってからというもの、「昔からある」「テレビや雑誌では当たり前」といった声を耳にするようになりました。
ブログ考

【ブログ考】ブロガーが記事広告のタイトルに[PR]と表示しないのは勇気がないから

広告であることを隠して商品を宣伝するステルスマーケティング、いわゆる“ステマ”が問題になっていますが、じつは口コミや2ちゃんねるまとめブログなどではない普通のブログでもこのステマが行われています。
ブログ考

livedoor Blog(2chまとめ)がアメブロ(芸能人日記)を月間訪問者数で抜く

デジタル世界のマーケットを測定している会社コムスコアによると、2011年6月の月間訪問者数において『livedoor Blog』が『アメーバブログ』を抜き2位になったそうです。
ブログ考

[PR] ブログのネタ探しに使えて画像素材もゲットできるプレスリリース配信サイト『PR TIMES』

ニュース系ブログを運営しているブロガーの悩みのタネと言えばブログのネタ探し。読者にウケる情報を届けるため、ブロガーはソーシャルサービスやRSSなどを使って数多くのニュースをチェックしています。
ブログ考

Youtubeの動画の自動再生をストップさせるGreasemonkeyスクリプト『YouTube Auto Buffer & Auto HD & Remove Ads』

『Youtube』の動画ページを開いたときの動画の自動再生をストップさせ、バッファのみを取得してくれるGreasemonkeyスクリプト『YouTube Auto Buffer & Auto HD & Remove Ads』を紹介します。
ブログ考

切込隊長が引退。今後はすべて“やまもといちろう”を名乗ることに

切込隊長こと山本一郎さんが本日ロフトチャンネルにて行ったイベント『中川淳一郎・切込隊長のオフ会2~夏の大炎上~』にて、今日をもって切込隊長を引退することを宣言しました。
ブログ考

人気ブログ『ひろぶろ』が見れない。livedoor Blogのアカウントも削除済みで閉鎖の状態

国内外で話題の動画や画像を毎日紹介するブログ『ひろぶろ』が、6月30日の夜あたりから突然繋がらなくなり、Twitterを通じて読者のあいだで話題となっています。
ブログ考

高橋名人、最後のブログ記事のタイトルは「バーイ ハドソン!!」

先日、高橋名人がハドソンを退職することになったことをお伝えしましたが、今日がその高橋名人にとってハドソンでの最後の日です。
ブログ考

マグロ漁船の思い出を綴ったブログ『Fisherman’s Memoir』が面白い

都内にある某IT企業の社長の岩田慶次さんが、高校を卒業してから10年間マグロ漁船に乗っていたときの思い出を綴っているブログ『Fisherman’s Memoir』が超面白いです!
ブログ考

[PR] ブロガーやクリエイターにお金をあげられるサービス『Pochi(ポチ)』ができた理由

4月18日にNECビッグローブ株式会社がインターネット上でコンテンツを提供しているクリエイターにお金をあげられるサービス『Pochi(ポチ)』を開始しました。
ブログ考

人気ブログ『中国嫁日記』の書籍化が決定。Amazonで予約開始

イラストレーターの井上純弌(いのうえじゅんいち)さんが、Livedoor Blogで運営している漫画ブログ『中国嫁日記』が書籍化されるそうです。
ブログ考

[PR] 運営開始から2年半経ったブログ広告サービス『ブログタイムズ』についてちょっと語りたい

2008年8月25日にサービスを開始した『ブログタイムズ』から、「ウチのこと宣伝してくれませんか?」という依頼が来まして、ボクもブログタイムズについてちょっと語りたいことがあったので引き受けることにしました。