低価格版『iPhone X』の液晶の生産をジャパンディスプレイが受注か

ITニュース

 2018年に発売されるiPhoneのうち、低価格版『iPhone X』と呼ばれるものの液晶の生産をジャパンディスプレイが受注したのではないかと日経新聞が報じています

 日経新聞によると、ジャパンディスプレイは今秋発売予定のiPhone向け液晶パネルを多数受注。発売前に在庫を積み増すために550億円もの資金を調達したとのことです。

 低価格版iPhone Xは有機ELディスプレイではなく従来の液晶ディスプレイが使われるとリークされており、その分の生産をジャパンディスプレイが受注したのだと思われます。

 韓国『ET News』の報道では、Appleは高価格のネクスト『iPhone X』、『iPhone X Plus』の生産目標を約5,500万台(2017年のiPhone Xは約1億台)に設定したとのことから、ジャパンディスプレイはかなりの量の液晶ディスプレイの生産を受け持つことになると思います。