デジタルマガジン

2017年09月25日 17:38

【レビュー】徹夜ゲームでも目が痛くならないBenQのアイケアディスプレイ『EW2770QZ』 [AD]

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

 液晶ディスプレイでおなじみのBenQさんから目に優しいアイケアディスプレイ『EW2770QZ』を借りることができ、約1ヶ月ほど使用したのでそのレビューを紹介します。

 ボクのパソコンの主な用途はゲームレビューなどのライティングと、ゲーム実況のためのゲームプレイ&YouTube用の動画作成です。

 1日のうちの半分以上をパソコンの前に座っているのですが、このアイケアディスプレイはヤバい。翌朝までゲームしても目が痛くならないです。

アイケアディスプレイとは?

 まず「アイケアディスプレイって何?」という人が多いと思うので説明すると、ブルーライトを軽減したり毎秒200回にもおよぶ液晶画面のフリッカー(チラつき)をなくしたりして、目にかかる負担を減らしてくれるディスプレイのことです。

 BenQのEW2770QZはそこからさらに踏み込み、周囲の明るさにあわせて画面の明るさと色温度を自動で調整するB.I.+技術(ブライトネスインテリジェンスPlus)を搭載しています。


▲周囲の明るさに応じて描画を調整するB.I.+技術。

 このB.I.+技術により朝から昼、そして夜へと部屋の明るさが変化しても目の疲れを軽減する色温度での描画が行われ、さらに写真や動画などの元の色をそのままに表示されるとのことです。

 実際にどのように移り変わるのかは、以下の動画を見ると分かりやすいと思います。

 まあ早い話がEW2770QZはこれまでのアイケアディスプレイと比べ、長時間パソコンに向かってもさらに目が疲れにくくなると思って貰えれば良いかと思います。

発色の良さに驚く

 借りたEW2770QZが到着し、普段使っている液晶ディスプレイと入れ替えてみて最初にビックリしたのがその発色の良さです。色合いが全体的に明るくなり、それでいて眩しいわけではありません。

 これがB.I.+技術の力なのか!?

 ちなみに今まで使っていたのはBenQの24型液晶『GL2450HM』だったため、メーカーの違いによる発色の差ではないと思います。単純に製品としての性能の差だと感じました。

 液晶ディスプレイはドットがかけたりチラつきが出たりしたら買い替えれば良いものだと思っていたのですが、入れ替えてみてこんなにも違いがあることにビックリしました。

 液晶ディスプレイも3年ごとに買い替えた方が良いのかもしれない、と真剣に悩むレベルです。

ゲーマー向けモデルじゃなくてもドン勝が食べられる!

 それでは肝心のゲームを遊ぶ場合はどうなのかというと、これも問題ありませんでした(少なくともボクの腕前だと)。

 じつはEW2770QZは応答速度が14ms(GtGは5ms)と遅いんです。「この応答速度はゲーマーにとって死活問題……!」とか思ってたんですが、普通に食えます。ドン勝が。今人気のマルチプレイヤーゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』で。

 さきほども書きましたが発色が良いので敵が見つけやすく、画面も27型と大きいためこれまで10ドットレベルだった敵の描写も気持ち16ドットくらいで表示されます。要はデカいから分かりやすいんです。

 これが1フレームを争う格闘ゲームだと気になる人もいるでしょうが、少なくともFPSやアクションゲームでは気になりませんでした。画面の反応が手元の操作に遅れている、とかも感じられなかったです。いたって変わらないいつも通りのプレイ感。

 これまで応答速度にこだわって液晶ディスプレイを選んできたのですが、あんまりこだわる必要はなかったのかもしれません。ちょっとショックです。


▲ゲーム用の描画モードある

「目の疲れの軽減」は体感できる

 そしてアイケアディスプレイとして肝心の「目の疲れの軽減」についてですが、これも軽減されていると体感できます。というかEW2770QZに変えてから徹夜でゲーム(いわゆる徹ゲー)がはかどってはかどって……最高にまずい。

 いつもは朝5時くらいには目がしょぼしょぼというか、痛くなってきて朝がきたことに気付いてやめるのですが、痛くならないので気付かずにプレイし続けてしまうことがしばしば。「気づいたらもう朝8時!」みたいな、そんな感じです。

 ただしゲームプレイ以外の用途での「目の疲れの軽減」については、これは正直なところ分かりません。ライター生活を続けて10年以上が経ち、長時間作業に目も体も慣れきってしまっています。

 そのため、徹ゲーでもしないかぎり目が痛くなることがあまりないのです。ただ、徹ゲー時にこれまでと違って目が痛くならないため、目の疲れは実際に軽減されているのだと思います。

27型と広いので作業効率がアップ!

 そして、一番感動しているのが画面の広さです。ボクは今まで24型液晶で作業を行っていたのですが、今回使用しているEW2770QZは27型液晶です。

 解像度も1,920×1,080ピクセルから2,560×1,440ピクセルにアップ。

 「液晶のサイズなんて24型で十分」と思ってたのですが、27型にして劇的に変わりました! ディスプレイサイズは大きい方がいいです!

 もちろん「作業環境は広い方が良い」という人はデュアルディスプレイを使っていると思いますし、ボクのデスク環境も以前はデュアルディスプレイでした。


▲現在のデスクトップ構成。作業用モニター(左)とゲーム用モニター(右)で使い分けている。

 「でした」ということは現在は違うわけで、液晶ディスプレイ2枚をはしごすることによる視点の移動距離の長さと、画面の中央が液晶のベゼルで分断されることが気になって現在は左側をPC用、右側を家庭用ゲーム機用と分けて使用しています。

 PC用の液晶ディスプレイが1枚になったため狭くやや不便ではあるのですが、それでもデュアルディスプレイに対して感じる不満を抱えるよりは良いかなと思っていました。実際シングルでの作業に慣れてましたし。

 それがこのEW2770QZを使ってみて驚き。シングルディスプレイなのに視線が届く範囲で利便性が向上しているのです。モニターの左側に資料を掲載しながら右側でテキストを描いたり、画像を確認しながら動画の編集ができたりと作業のしやすさがハンパじゃありません。


▲動画編集時の作業画面。

 念のため解像度を1,920×1,080ピクセルに落としてから試してもみたのですが、字がにじむのが気になるものの作業のしやすさは24型のときと比べて段違いでした。

 あと個人的な話ですが、拡大せずとも電子書籍の雑誌の文字がキレイに読めるところもオススメポイントです。これまで拡大しないと読めなかったので不便だったんですよね。

 次に液晶ディスプレイを買うときは27型や28型にしようと思います。

BenQ 27型アイケアディスプレイEW2770QZのスペック

 EW2770QZのスペックは次の通りです(公式サイトより転載)。

画面
サイズ 27型ワイド
アスペクト比 16:9
パネル/バックライト IPS LED
解像度 2560 x 1440(WQHD/QHD)
画素ピッチ(mm) 0.233
視野角(左右/上下)(CR>=10) 178°/178°
表示色 フルカラー約1677万色
表示サイズ(mm) 596.7 x 335.7
輝度 350
応答速度 14ms(5ms)
コントラスト比 1000:1
DCR(DynamicContrastRatio) 2000万:1
入出力端子
入力端子 HDMI1.4×2
DisplayPort1.2×1
ヘッドフォンジャック
スピーカー 2Wx2
外形寸法
外形寸法(WxHxDmm) 613.8 x 460.58 x 198.13(mm)
本体重量(kg) 約5.9kg
梱包状態(WxHxDmm) 552 x 696 x 170
梱包重量(kg) 約8.1kg

初めてHDMIに切り替える人は注意

 EW2770QZを設置するときに困ったところは入出力端子にVGAやDVIがないことで、これまでDVIを使用していたのをHDMIに変更する必要がありました。

 ただ、同梱されているHDMIケーブルが1.5メートルのためボクの環境では長さが足りず、別途3メートルのHDMIを購入することに。

 そのほかHDMI接続のせいかWindowsが液晶ディスプレイのスピーカーを最優先で認識する設定になったため、液晶ディスプレイのスピーカーを無効化する設定も必要でした。購入を検討している人はHDMIケーブルへの乗り換えにだけ注意しておくと良いですよ。

液晶ディスプレイを使ってみた感想まとめ

 それにしてもPC自体は要求されるスペックの高さからちょくちょく買い替えていましたが、液晶ディスプレイもパーツと同じように進化していたんですね。買い替えないといけないものが増えて懐への負担が大きいです(笑)。

 個人的に悩みなのが次の液晶ディスプレイをどうするか、です。EW2770QZは借りている製品のため返すのですが、同じものを購入するかもう少し安い27型にするか。それともゲーマー用ディスプレイの27型を買うか。

 とくに応答速度の違いを実感できなかったのが本当に大きく、使用後の今は「プロゲーマーでもない人間はそこまで応答速度を気にしなくていいんじゃないか?」とすら思ってます。そうなると選べる液晶ディスプレイの幅が本当に広がるんですよね。

 EW2770QZ、悩ませてくれる面白い液晶ディスプレイです。

 BenQ 27型アイケアディスプレイEW2770QZ | BenQ Japan

 なお、BenQではこのような製品モニター企画をアンバサダープログラムで実施されています。興味のある方は申し込んでみてください。

 BenQアンバサダープログラム

BenQ 27型アイケアディスプレイEW2770QZの販売店

このエントリーをはてなブックマークに追加