デジタルマガジン

2014年10月31日 12:30

ブログ書くのはいいけどまずゴールを考えてから始めた方がいいんじゃない?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近ブログを書く人がどんどん増えてきて、まぁそれはいいことだとは思うんですけど「もうちょっとゴールを考えてから動いた方がいいんじゃないの?」と感じる。

 「ゴール」ってのは「アフィリエイトでウハウハ」とか「寝ているあいだにチャリンチャリン」とかそういうのではなく、ブログとしてのゴールです。

 そのブログ、結局何で食べていくの?

 食べていくためじゃないブログを書いている人は回れ右してお帰りください。この文章読む必要ありません。

 ボクが言いたいのは「今月アクセス数が30倍アップ!」とか「今月のAdSense収支公開!」とか書いてるそこのおめーらのことです。

ちきりんレベルで年商500万だけど、やるの?

 アフィリエイト収入でデカいものと言えばGoogle AdSenseとAmazonアソシエイトです。とくにGoogleは商品が売れなくてもクリックだけでお金が入ってくるから大きい。

 でも、Google AdSenseだけで暮らせると思ったら大間違い。

 自称社会派ブロガーのそんじゃーね先輩が、営業もせず、アフィリエイトだけでいくら稼いでるか知ってる?

 500万だ。

 月間220万PVで年商500万だ。確かめたいなら『「Chikirinの日記」の育て方』を買って読むといい。「39.「Chikirinの日記」の収入」に書いてある。

 もちろん、この500万は年商だから手取りはもっと下がるし、そもそも月間220万PVまでブログ育てられんの? ムリでしょ?

 じゃあまず売るもの考えようよ。そっから。そっから始めないと後で後悔する。やってることが全部ムダになる。

どれで売上げを立てるかが重要

 たとえば「アフィリエイトだけじゃ厳しいそうだから記事広告で食べて行きたい」とする。そうするとブログのジャンルは絞らないといけない。

 IT系ニュースの記事に絞って書いて月間10万PVのブログと、なんでもごっちゃに書いて月間10万PVのブログとじゃ、リーチできる層が全然違うことになる。前者は広告を出せばほぼIT好きにリーチできるけど、後者は何割がIT好きなのか分からない。

 『ネタフル』みたいになりたーいって考えてるかもしれないけど、まず成功しないからやめておこう。毎日十何本とか記事書けないでしょ……。

 同じように『A8.net』とか『もしもドロップシッピング』とかの商品を売って稼ぎたい場合は、それらの商品に特化したブログにしないといけない。ここまで来るともうブロガーなのかアフィリエイターなのかもうよく分かんねぇな。

 そんな感じで「何を売るか」を決めてからブログを書かないと時間のムダになる。月間100万PV集めても月間10万PVのブログに売上げで負けることになる。時間をムダにしたくないなら、ゴールを考えてからブログを始めよう。

営業するのが一番手っ取り早い

 ただ、結局は「営業をするのが一番」というオチがある。そう、営業しないといけないのだ。

 ブログだったら上司も取引先も関係なく自分の力だけでお金稼いで食べていけると思ったのに、もう全然ダメ。1回営業して5万、10万貰った方が全然ラク。むしろそっちの売上げを立てれば余裕で暮らしていける。

 まぁボクもみんなも対人関係が苦手でパソコンと付き合ってるとは思うんですが、それが結論。結論でございます。

 ここで「お金目的じゃない」とか「小遣いレベルでいい」とか言い出すブロガーは、今すぐブログからPVだのAdSenseだの書いてる記事を消せ。本当にお金に興味がないならそういうの書かない。ボクが好きで読んでるブログにはそういうの全く書かれてない。

 金が欲しい! 人に認められたい! ボクに力さえあれば……、って願望があるからそういう記事書いてると思うんで。分かったらはてブのRSSを汚染している木っ端はてなブロガーたちは自分のブログを見直し!見直し!さっさと見直し!しばくぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加