デジタルマガジン

2014年10月30日 12:30

SEOを意識したタイトルにはもうウンザリ。ブログの読者は検索エンジンじゃなくて人間だろ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「SEOを意識したタイトル付け」が一時期流行ってましたが、もうそんな時代は終わったんじゃないかと勝手に思ってます。そう、スマホがやってきたことで。

 これまで新しい世界に出会うにはPCが必要でした。っていうかYahoo!かGoogleがないとどこにもたどり着けない。気になるキーワードを調べて、それから深く掘っていって、、、という前時代的行為。あ、相互リンクもいいね。

 でもこれが、スマホの登場で一気に変わった。もっと言うと、SNSの普及で変わってしまった。

TwitterかFacebook見てればなんとかなる

 もうね、なんか面白いの見たければ『Twitter』か『Facebook』でいいんですよ。Facebook全然やったことないけど。リア充系Twitterみたいなもんでしょ、たぶん。

 で、スマホで見るわけです。Twitterを。そしたらもう世界のこと分かる。ボクの好きな世界が全部そこにある。ないなら足りないものをフォローすればいい。それで解決。

ファンの奪い合いで動画に勝てない

 で、次。次に来てるのが動画。ご存じ『YouTube』。若者はみんなYouTube見る。ボクもおまいらもオッサンだからYouTubeなんか見ずにはてブ見てるのかもしれないけど、みんなはYouTube見てる。ボクらだけ違う。滅び行く存在。

 そんなYouTubeは、ブログよりめっちゃ時間奪ってる。人間の時間をごっそり奪い取る悪魔のサービス。これに勝てない。

 時間で勝てないのはまだいいとして、何より勝てないのが印象。ブログで1,000字、2,000字読ませるより、顔出して喋ってるYouTuberの方がずっと覚えて貰える。

 「これはすごい」、「ワロタwww」、「本当のことなら許せない」、「自戒を込めて」とか言われてるブログより「あっ、こないだ動画で見たあの人だ」の方が強い。100万倍強い。

 いつの間にかブログは過去のものになってしまった。動画見てる分だけブログ読む時間減るしね。

同じ土俵「感情」で戦え!

 でも今さらやめられない。文章で食っていくって決めてしまったんだもの。世の中から文章がいらなくなるわけでもない。

 そんななかで次の舞台となるのが「感情」。感情です。もう文章で人の心を震わせるしかない。動画勢がみんな持ってっちまう前に、感情で人を動かす。SNSでの行動を呼び起こさせる。

 そのためにはタイトルが超重要。検索エンジンのご機嫌伺いしてる場合? タイトルでURLをタップさせ、読ませ、ほかの人に伝えて貰う。これしかない。

 バイラルメディアになれというわけじゃない。あれはクソ。本当にクソ。そうじゃなくて、人を動かせる文章を書け、ということ。そのためには機械に最適化したタイトルじゃダメ。

 誰を動かしたいか、誰に届けたいか。それを考えて自分の言葉で書く。SEOの時代はね、なくなりはしないけど終わったよ。昔、iPhone 4の月額料金比較の記事を書いて1記事で60万PVだか70万PVだか稼いだけど、もうそういう時代は終わった。

 少なくともボクはSEOでまたそういう数字を稼ぎたいとは思わない。それよりもRSSやSNSでボクをフォローしてくれる人をひとりでも増やしたい。そっちの方が嬉しいから。

このエントリーをはてなブックマークに追加