デジタルマガジン

2014年10月20日 23:34

ソシャゲのガチャに金銭感覚が麻痺していた自分がいた

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2、3日前にガスト(現株式会社コーエーテクモゲームス ガスト長野開発部)の『アトリエ』シリーズからスマホアプリ『アトリエクエストボード』がリリースされましてね。

 アトリエ クエストボード – KOEI TECMO GAMES CO., LTD.

 で、アトリエシリーズが大好きだったので、もちろんリリース当日にダウンロードして遊んだわけです。

 ゲーム自体は錬金術による合成とカードを使ったすごろくをうまく組み合わせたものだったんですが、ステータスが装備依存なせいで強い装備がないと展開が厳しい。

 もちろん無課金でも錬金術で装備を合成→それを素材に同じ装備を強化で強くできるのですが、武器、防具の素材が宝箱からしか手に入らないため時間がかかる。

 それでなんかもうめんどくさくなってしまって課金しようとしたんですよ。ええ、もちろん引くのは10連ガチャです。

 10連ガチャは1回250ジェム(現在は初回割引で200ジェム)。スタミナ回復やコンテナ枠拡張を考えると、4,850アトリエコインで買えるジェム350個セットが良いと判断しました。

 ちなみに4,850アトリエコインってのはMobageを通して買う通貨の単位で、日本円にして5,000円です。それで5,000円を使おうと思ったんですが、ふと気付いた。

 「あれ? 5,000円あったらアトリエシリーズの最新作買えるんじゃね?」って。

 確認してみたら『シャリーのアトリエ』がAmazonで5,190円、『新・ロロナのアトリエ』が4,909円でした。これは余裕で買えますわ、ゲーム本体が。

 同じ5,000円を出しても、片やガチャ10連+α。片や20時間は遊べるであろうPS3ゲーム1本。……ボクは何てバカをやってるんだろう。

 もちろん、これは仕事です。iPhoneアプリの期待作を遊ぶのは仕事。ガチャに使ったお金も経費にできる。でも同じ5,000円でも、手に入ってくるものが全然違う。どう考えてもゲーム本体の方が良い。

 そんなことに今さら気付いた10月でした。もっと家庭用ゲームも買おう、うん。

このエントリーをはてなブックマークに追加