デジタルマガジン

2014年03月16日 21:15

Webライターの文章が下手なのは今のところそれが正義だから

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Webライターは文章が下手。なぜもっと原稿をまとめないのか」といった記事がWebライター業界を激震、とまでは言わないまでもそれなりに賑わしています。

 ウェブライターよ。なぜ君たちはこれほど文章がヘタなのか? | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

 イロイロ言いたいことがある人もいるでしょうが、ボク自身はこの意見に同意、というか社内メーリングリストで拡散したりしました。

 ただ、Webライターの文章が紙ライターのレベルに達していないのは仕方のないことなんですよ。

Webで求められているのはスピード

 紙ライターと違って、Webライターに求められているのは何よりもスピードです。その次が量。最後がクオリティという順番。

 例えば「A社が○○を発表!」というニュースがあったとき、そのニュースをどこよりも早く記事にしたメディアが一番の恩恵を受けられます。もちろん、ある程度の拡散力があっての話ですが。

 だからこそ、多少の文法や誤字・脱字には目をつぶってでもWebライターにはスピードが優先されます。

小銭稼ぎならクオリティは問われない

 そして、ここが一番の問題なのですが、小銭を稼ぐだけならクオリティはあまり問われないのです。ご存じの通り、下手クソだろうが何だろうがゴシップメディアの方がカンタンにPVを稼げ、かつお金も稼げる事実が存在します。

 事実を正しく表現するならば、マジメにメディアを運営しても成長速度はゴシップメディアより遅く、かつWebメディアの広告費は紙のそれと比べてかなり低いため儲かりません。

 よって、そんなマジメ系Webメディアに大量の資本(言い換えると人材)を投入するような会社はほとんど存在せず、ベンチャー企業や個人ブロガーが不安を煽る恐怖商法や自らに火をつける炎上商法を実践して小銭を稼いでいます。

 もちろんそんな商売で稼げる額は少ないですから、Webライターに落ちてくるお金は紙ライターの数分の一、ときには数十分の一になります。そこに、クオリティを求めるのは残酷ですよ。

ひどい文章の方が多くの人に届いている事実

 上記の記事には、「新聞や週刊誌から下りてきているウェブニュースあたりを除けば、ネット上に晒されている原稿は、紙媒体のそれと比べ、圧倒的に精度の低いものが多い」とあります。

 裏を返せば、そういったニュースがこの記事を書いた人にも届いているということです。「紙媒体のそれと比べ、圧倒的に精度の低いもの」でも届くわけです。

 そして、Webメディアは届いたもの勝ちです。紙のように届いた時点で読者からお金を貰っていることもなく、Webメディアは届いた人数が多いほどお金が多く入ってくる仕組みです。

 だからこそ、多くの人に届けることが今のところWebメディアにとっての正義であり、Webライターを批判するほどの“クオリティの高い記事を求める人”にも“クオリティの低い記事”の方が届き、良くも悪くもこうして人を動かすほどの力を持っているんですね。

Webメディアはまだまだ成長している段階

 ただ、誤解して欲しくないのはボクがそういった状況に賛成しているわけではないということです。ひどい記事の方が“今は稼げる”ことが分かっていても、そういったもので食べてはいません。

 会社でのライター業は読者に向き合ってマジメにやってますし、おかげさまで忙しすぎてデジマガは開店休業状態。かかさず更新できているのは動画ブログの『猫ねこ動画』ぐらいです。猫好きな人は気に入ると思うんで見ていってください(という宣伝)。

 猫ねこ動画

 話がそれたので戻しますが、Webメディアはまだまだ成長している段階、過渡期です。これまでのような恐怖商法、炎上商法がこれからも幅を利かすとは思いませんし、何より読者が飽きます。

 日本のWeb人口が増え続けているうちは良いでしょう。しかし、やがてその伸びが止まるときが訪れたらどうなるか。人は入れ替わっても、ネット住人からの評価自体は受け継がれていきます。

 そうなったときにゴシップメディアが生き残れるかと言うと、難しいでしょう。もちろん、そうなる前に彼らは次の食い扶持を見つけるとは思いますけど、それはまた別の話です。

 Webライターの文章は下手。これは事実です。しかし、下手でも稼げるのも事実。ただし、今稼げているからと言って未来でも正義かというとそうではない。彼らの言葉に耳を傾けるとしたら、10年後です。

 10年後も生き残っていたそのときは、「主婦を1本100円で雇って記事を量産しろ」「クオリティよりマネタイズしろ」「バズれ」以外の面白い話が聞けると思いますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加