デジタルマガジン

2014年03月17日 11:30

『Gunosy』はさっさと“gunocy.com”のドメインを確保しておくべき(追記あり)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニュースキュレーションサービス『Gunosy』が、KDDIからお金貰ってTVCMキャンペーンを開始するそうで。でもCMの前にやらなきゃいけないこと、あるでしょ。

 何って、“gunocy.com”ドメインの確保ですよ。GunosyのURLは“gunosy.com”だけど、gunocy.comも必要。だって間違えるもん。

間違えられ続けるGunosyとGunocy

 「そんなもの必要ない」と思う人もいるでしょうが、普通に多くの人がGunosyとGunocyを間違えてます。ボクも間違えたことあります。

 せっかくのTVCMなんだから、こんなことになってたらもったいない。年額1,000円前後で抑えておけるんだから、gunocy.comからgunosy.comにリダイレクトで飛ばすように設定ぐらいすればいいのでは?

 Googleがユーザーの打ち間違いを見越して“www.gppgle.com”って入れたら“www.google.com”に飛ばすようなもんですよ。

 念のため所有者確認したら誰もいなくて取得可能状態だったので、今のうちに抑えておいた方が良いと思います。1,000円でできるリスク管理。

「グノスィー」なら間違えなかった。たぶん

 たぶん、確証はないんですけどGunosyは「グノシー」じゃなくて「グノスィー」だったらこういう勘違いは起きなかった。

 Gu(グ)no(ノ)までは読めてもsy(シー)とは読めない。どっちかって言うとsy(スィー)。日本人はカタカナ英語に慣れてるから「シー」と聞いて「sy」とは想像できない。「cy」になっちゃう。まあそういうこと。

 と思ってYouTubeに広告見に行ったら「グノシーで検索」ってなってた。

 ものすごくどうでも良かったね!

追記

 この記事を出してから数十分後に誰かがお名前.comでgunocy.comを取得したようです。誰が取ったんでしょうか。Gunosy社だといいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加