デジタルマガジン

2014年01月01日 14:16

RSSリーダー『Feedeen』が見たくないサイトを非表示にできるURLフィルタを搭載して神RSSリーダーに!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 『Googleリーダー』が2013年7月1日に終了してからオレオレGoogleリーダーこと『Feedeen』を使っているのですが、そのFeedeenが先日のアップデートでURLフィルタを搭載して神RSSリーダーになりました。

 Feedeen Blog: 動画再生、URLによるフィルタ、モバイル版の刷新など

 アップデートではRSSページ内での動画のインライン再生、表示画像のプロキシサーバー導入による高速化、モバイル版のフラットデザイン採用などあったのですが、なかでもリンク先URLを判定して非表示にできるフィルタ機能が最高です。

タイトル判定からURL判定に

 Feedeenは、これまでもタイトルの文字列を指定して見たくないサイトを非表示にすることはできました。

rss-reader-feedeen-url-filter-kami-update02

 ただ、これだとページタイトルにサイト名を出してないウェブサイトは消すことができなかったんですね。まあデジマガもそうなんですけど!

 これが、URLフィルタの搭載でサイト名を出してないページも消せるようになりました。こんな感じで。

rss-reader-feedeen-url-filter-kami-update03

 「RSSリーダーなのにウェブサイトを消すってどういうことだよ」と思うかもしれませんが、ボクは『はてなブックマーク』の新着RSSを取っているので出てくる記事が玉石混淆なんです。見たいサイトも多いけど見たくないサイトがそれ以上にある状態。

 もちろん見たくないサイトは脳内スルーしてたのですが、やっぱりタイトルに騙されてクリックでタブを開くもfaviconに「虚」の文字が見えてタブを閉じるという無駄な行為をさせられたりしていたので、この機能の搭載は本当に嬉しいんです。

 自分にとって興味のない話題を取り扱ってるサイトを非表示にし、自分好みの環境を作れるようになったFeedeenはまさに神RSSリーダー! 情報チェックの時間を短くできるFeedeenに乗り換えて本当に良かったです。

招待コードあります

 とは言え「Feedeenは招待制じゃん」みたいなツッコミがあるのは予想してますので、今回、開発者の方にお願いしてデジマガ読者のために招待コードを用意して貰いました。

 招待コードは“digimaga”です。以下のURLの“招待コードをお持ちの方”からコードを入力してどうぞ。

 Feedeen – Read hundreds of feeds snappily.

 限定100名様分ですので、「まだまだRSSリーダーを使うぜ!」な人はお急ぎください。なお、現在招待待ちに登録している人の承認も早めに行うとのことなので、招待コードが切れていてもとりあえず登録しておくといいですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加