デジタルマガジン

2013年09月06日 20:59

オンライン戦車ゲーム『World of Tanks』が日本でのサービスを開始。ただしサーバーはASIA

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベラルーシ発のオンライン戦車ゲーム『World of Tanks』の日本正式サービスがついに始まりました。ただし、期待されていた日本専用サーバーはなくASIAサーバーでのプレイとなります。

 World of Tanks – 無料オンラインゲーム

 World of Tanksはすでにクライアントは日本語に対応していましたが、正式サービスが始まったことで公式サイトに日本語フォーラムと日本語サポートが新たに設置されました。

 また、公式サイトではさらに『ガールズ&パンツァー』とのコラボ漫画『はじめての戦車道』も掲載されています。何気にガルパンファンが多いWoTユーザーにはこれが一番嬉しいかもしれませんね。

 はじめての戦車道 (葉来緑) | コミック | World of Tanks

 あと本気なのか相対した敵戦車に対して主砲の貫通力が足りず絶体絶命の状況で頭がおかしくなったのかどうかは分かりませんが、東京や大阪などの都心部を中心にテレビCMの放送も開始しているそうです。

 無料オンライン戦車ゲーム『World of Tanks』テレビCM「戦闘回数16億回以上!」バージョン – YouTube

 World of Tanksのゆるい課金で広告費を回収できるのか、大丈夫なのかといち軽戦車乗りながら不安になってきます。

 ぶっちゃけWorld of Tanksの課金は無課金ユーザーと課金ユーザーのあいだに実力以外の差が生まれないシステムなので、「最近面白いオンラインゲームないなー」というゲーマーにはアイテム課金制ながら激しくオススメのゲームです。

 間違ってもガチャに万単位でお金をつぎ込まなければ狙っていた設計図が出ないとか、大成功強化を繰り返さないと戦場で役に立たないとかそんなことはありません。課金戦車もノーマル戦車もケツに重戦車の弾をぶち込まれれば等しく壊れます。

 なお、日本人はNA(北米)サーバーのユーザーが多いですが、正式サービススタートということでこれから始めるならASIAサーバーが良いかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加