デジタルマガジン

2013年07月27日 15:46

「金と時間かけてるんだからお金儲けしてもいいでしょ」って、それ逆でしょ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 『Chrome』からMobageを遊べるようにする拡張機能が、ユーザーに無断で全てのサイトのAmazonと楽天のアフィリエイトIDを開発者のものに置き換えていたため炎上したそうです。

 純真無垢なプログラマーがアフィリエイトIDを書き換える素晴らしいブラウザ拡張機能を公開していた件(山本 一郎) – 個人 – Yahoo!ニュース

 この拡張機能をインストールされるとデジマガのレビュー記事を見て商品を購入してくれた人がいても、ボクの懐には入らずこの作者に懐に入ってしまうわけで、「ああ、こいつはブロガーの敵だな」と思うわけですがじつは炎上案件そのものにはあまり興味ありません。

 じゃあどうして取り上げたのかというと、この発言にツッコミを入れたかったからです。

 元ツイートはすでに削除されていますが、「凄い時間使ってるし金かかってるんだけどアフィコード喰わせちゃダメなの?」って、それ逆でしょ?

 実際はアフィコードを喰わせたい、お金を儲けたいから凄い時間とそれなりのお金をかけたわけですよね。まず先に動機としての「お金欲しい」があるわけだから、その順番を逆にしちゃいかんと思うわけです。

 べつにお金儲けがいかんわけじゃないんです。お金儲け大いにけっこう。いくらでも稼いで貰って良いのですが、それは正当な手段とサービスで稼ぐべきものであって、無断でほかのサイトのアフィリエイトコードを差し替えたりするものでは決してないはずです。

 コンテンツの制作者にフリーライドするためにかけた時間と金が賞賛されるわけがなく、まあ批判されて然るべきというか当たり前すぎて、なぜその時間を人に批判されないレベルのお金儲けに使わなかったんだと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。

 お前、少ない労力でお金儲けしたいだけちゃうんかと。

 もちろん小さな力で大きなお金を稼ぐのはそりゃ理想ですが、実際は大きな労力がかかるのが普通なわけで。かといって大きな労力をかければお金が儲かるのかと言えばそうでもなく、金と時間かけたんだからお金稼いでも良いだろなんてのはただのワガママなので、まずは「自分の力だけでお金を稼ぐためにはどうしたら良いか?」から考えてみてはどうでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加