デジタルマガジン

2013年06月09日 11:01

シナリオ重視のゾンビゲーム『The Last of Us』が面白そう

このエントリーをはてなブックマークに追加

 まあボクが買おうか買うまいか悩んでるだけの話なんですけど、6月20日(木)に『PS3』で発売予定のゾンビゲーム『The Last of Us』が面白そうです。

 気になってるなら買えばいいんですが、PS3、押入れの中なんですよねぇ……。PCで出るならPC版を待つんですが、Xboxにも対応してないPS3独占タイトルのPC発売は難しいかな、と。

 The Last of Usがどんなゲームなのかは以下の2本の動画を見れば分かります。

 The Last of Us TGS 2012 PV 日本語吹き替え版 – YouTube

 The Last of Us プロモーションビデオ ストーリー篇 – YouTube

 これまでボクがプレイしてきたゾンビゲーはオープンワールドのサンドボックス型が多かったのですが、動画やレビューを見るかぎりではThe Last of Usは1本のシナリオに沿って進んでいくようです。

 で、気になる評価ですがかなりの高評価。61本のレビューがあってメタスコアは驚きの96! レビューの詳しい内容はブログ『Choke Point』さんの翻訳が参考になります。

 Choke Point | 『The Last of Us』海外レビュー

 ゾンビゲーの面白さってのは、いかにして生き残るかなんですよ。食料や衣料品、武器を集めて立てこもり、どれだけ生き延びられるか。ボクがPCで遊んできたのはだいたいそんなゾンビゲーです。

 ところがThe Last of Usは、海外ドラマ『ウォーキング・デッド』のように荒廃した世界での人間ドラマがメイン。1本道のゲームは良く“自由がない”と言いますけど、オープンワールドばかりじゃそれこそ自由がない。

 もっとゾンビを楽しむためにシナリオメインのゲームがあっても良いと思うんですよ。肉体派の『Dead Island』やほかのプレイヤーが敵となる『DayZ』、『The War Z』とは違った面白さ。

 ゾンビに囲まれているのに恋愛感情ドロドロの人間ドラマは萎えますが、崩壊したあとの世界で特定のグループを対象にした物語っていうのはかなり好きです。

 ただ、ゲームそのものについてはプレイ画面を見るかぎりけっこうステルス&アクションで、それだと作業ゲーになりがちでつまらないんですよね。爽快感はいらないんですが、ステルスゲーは物資だだ余り気味になることが多いので。崩壊した世界のはずなのにランボー状態になれます。

 [2013/2/4公開]『The Last of US』ゲームプレイ動画 – YouTube

 押し入れからPS3出して、PS3用のモニタ用意してまで遊ぶ価値があるかどうか。悩ましいです。定価5,980円ですが、Amazonだと現在4,890円で予約を受け付けています。その価格がまた頭を悩ませる……。

このエントリーをはてなブックマークに追加