デジタルマガジン

2013年05月01日 18:00

ブロガーはGoogleの『FeedBurner』の利用をやめた方がいい

このエントリーをはてなブックマークに追加

 『Google Reader』終了まであと2ヶ月となりましたが、同じくGoogleのRSS配信サービス『FeedBurner』も近いうちに終了するだろうと予想しています。というより、残しておく理由が見つからないんです。

 ざっと考えるだけでも3つの終了する理由があげられます。

 1つ目は去年、『feedburner.jp』ドメインが更新されなかったこと。そう、日本においてすでにFeedBurnerは終了しているも同然なんです。継続するつもりのサービスであれば、たとえURLを.comの方にまとめるにしてもドメインを所持し続けているはずです。

 Googleのドメイン放棄により、一時feedburner.jpドメインの素材を使っているサイトでは、ウイルスが配布されている状態となっていました。あの放棄はひどかった。

 2つ目は段階的にサービスを停止していっていること。2012年10月20日のAPI廃止が有名ですが(このせいでサービス終了ではと予測が飛び交ったため)、公式Twitterアカウントや公式ブログの閉鎖など、「さよなら」に向けての準備は万全です。

 3つ目はフィード向けAdSenseを終了したこと。お金を稼ぐのをやめたというか、「FeedBurnerは儲からない」との判断をGoogleは下しています。フィードリーダーを使う人は広告をクリックしない人が多かった、という失敗です。

 これら3つに今年のGoogle Reader終了とくれば、もうFeedBurnerに希望は持てません。おそらく、そう遠くないうちに選択と集中の結果としてサービス終了するでしょう。

 今いるフィード購読者を失うのは残念ですが、ブロガーは今のうちにFeedBurnerの利用をやめ、自分のドメインでの配信に切り換えておくことをオススメします。その方が傷が浅いです。やっぱり、便利だからといって読者とのつながりを外部サービスに頼るのはダメですね。

 デジマガもかなり前から読者に案内するURLをFeedBurnerから独自ドメインに変更しています。この記事はそのお知らせを書くための“変更した理由の詳細”記事だったりもします。

 もし読者の方で、去年以前にデジマガのRSSを登録した方は下記のアドレスへの変更をお願いします。

 http://digimaga.net/feed

 よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加