デジタルマガジン

2013年05月21日 20:45

乙武氏が和解したはずの車いす入店拒否事件で燃料を再投下し、印象操作がバレる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日、乙武氏がTwitterで不満をぶちまけるもその後和解したはずの車いす入店拒否事件で、なぜか乙武氏が自身のブログにて燃料を再投下してお店を再び燃やそうとしています。

 イタリアン入店拒否について | 乙武洋匡オフィシャルサイト

 この件に関するボクの考えはこちら。

 車いすでの入店を拒否され人としての尊厳を傷つけられた乙武洋匡氏が無慈悲な店名晒し上げツイート

 基本的にこの件は“車いすの入店拒否”ではなく“客側の連絡不備、および店主の態度の悪さ”の争いだと思っていますが、乙武氏の燃料エントリを読むとその“態度の悪さ”について読んだ人が自分の味方をしてくれるよう印象操作をしていることが分かります。

 こちらが発端となったツイート。

 「ぶっきらぼうに言う店主」の言葉通りとても客に接する態度とは思えない言葉遣いですが、今日公開された乙武氏ご本人による再現シーンにはこう書いてあります。

 「車いすのお客様は、事前にご連絡いただかないと対応できません」

 「ほかのお客様の迷惑になりますので」

 「エレベーターが2階には止まらないって、ホームページにも書いてあるんですけどね」

 「何を見たかは知りませんけど、予約の時点で車いすって言っとくのが常識じゃないですか?」

 イタリアン入店拒否について | 乙武洋匡オフィシャルサイト

 「車いすって言っとくのが」の部分がひっかかる以外は普通に敬語。まあ敬語でもイラッとする喋り方は存在しますけど、少なくとも乙武氏が最初にツイートしたほど“ぶっきらぼうな言葉遣い”じゃないです。

 これは店主も弁解しています。

 沢山のメールいただきました。大変恐縮ですが、こちらで経緯を説明いたします。

 まづ先に言葉遣いですが、お客様に対して「何々だ」などの強い言葉使いはしていません。

 Trattoria Ganzo – 乙武様のご来店お断りについて。サーバー負荷で閲覧できない人向けの魚拓

 乙武氏は再投下の記事で「「じゃあ、それが本当に常識なのか、広く世に問うてみましょうよ」「ええ、どうぞ」」のやり取りを書いてますけど、まるで相手がひどい態度を取ったかのように見せかけて世間に問う。

 それって、ずるくないですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加