デジタルマガジン

2013年05月09日 14:43

丸亀製麺の竹すだれの裏側はカビだらけ事件。お客様への告知は一切ナシ(追記あり)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 『GIGAZINE』が読者からのタレコミにより、丸亀製麺で出されているざるうどんの竹すだれの裏側がカビだらけだったという衝撃の事実を報じています。

 丸亀製麺でざるうどんの竹すだれ部分の裏側がカビだらけだったことが発覚、公式に謝罪 – GIGAZINE

 こちらがそのカビすだれ。

marugame-mold-bamboo-sudare01

 丸亀製麺の写真

 見事に青カビや白カビに汚染されています。おそらくは乾燥をしっかりさせていなかったのが原因でしょうが、たとえ裏側でもこれに載ってた食べ物は口に入れたくない。

 で、これを見た最初は“外食するときに店員を信じすぎていたかもしれない”みたいな記事を書こうと思っていたのですが、情報を追ってみるとこれ、1ヶ月も前の話なんですね。

 このカビすだれが発見されたのは先月4月8日でして、丸亀製麺側は当日にこの人のタイムラインに書き込んで対応はしているものの、丸亀製麺公式ページやFacebookの公式ページでは一切反応していません。

marugame-mold-bamboo-sudare02

 ニュースリリース一覧|投資家情報|株式会社トリドール

 だからこそ今の今まで知られることがなかったのですが、これはあかんやつでしょ。

 たしかに丸亀製麺側は翌々日の4月10日には、当日(8日)に全698店舗で同様の問題が発生していないか確認。翌9日に作業手順書と衛生管理の見直しを行い、「ご心配頂いております衛生面の問題は全て改善された事を確認しております」と報告していますが、代わりに“黙ってればバレない”というお客への対応面の問題が急浮上してきました。

 海老マヨネーズ焼きそばや釜揚げうどんで飢餓の解消支援を発表する前にやることあるんじゃないかと。

 丸亀製麺は『明太釜玉うどん』が好きでよく食べてましたが、この対応を見てもう行く気がなくなりました。

 カビすだれは気をつければ回避できるけど、お客に不誠実な企業は店ごと気をつける以外どうしようもない。隠したっていつかはバレるのに、なんだって隠すのか。

“お詫び”公開(追記)

 ネットで騒がれたせいか、昨晩になってようやく運営会社のトリドールがお詫びを掲載しました。

 お詫び(※PDF)

 丸亀製麺公式ではなく企業ページのトップにのみ一行で“お詫び”とPDFへのリンクが貼ってあるだけで、お詫びの本文もふくめて「ああ、やっぱりそういう会社なのね」と再認識しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加