デジタルマガジン

2013年05月20日 23:53

ネットに実名を挙げて「うざい」と書くのは名誉毀損や侮辱罪。で、それって捕まえてくれるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今月17日、文部科学省が都道府県の各教育委員会に対して“早期に警察に通報すべきいじめの具体例”を通知したと発表しました。

 通知は大津市のいじめ自殺を受けて行われたもので、殴る蹴るは暴行罪、教科書を盗むのは窃盗罪、言うことを聞かないと暴力を振るうとメールするのは脅迫罪、ネットに実名を挙げて悪口を書く行為は名誉毀損や侮辱罪にあたるとのことです。

 で、それって警察は捕まえてくれるんですかね?

 上記の行為が犯罪にあたることはずっと前から分かっていたことじゃないですか。文部科学省が通知しなくても、いじめは普通に犯罪ですよ。

 けれども実際に捕まえてくれるかどうかとなると、捕まえてくれませんよね。警察にとっては小さな事件だし、そんなことにかまってくれないのが現状です。

 警察が動いてくれて、そして社会がそれを受け入れる環境を作り出さないかぎり、いじめの問題は解決しないと思います。必要なのは学校での教育ではなく、社会からの教育、抑止力です。

 学校を聖域にしたままではいけない。先生たちはボクら親と同じ普通の人間です。普通の人間のやることには間違いが起きるし、大津市の学校のようにいじめを隠しもする。

 「学校のことは学校で」。一見望ましいことを言っているようですが、それは社会が子どもへの責任を放棄することです。

 いじめなんてクソったれなことで子どもたちの人生が暗いものにならないよう、あの学生時代を過ごして大人になったボクたちが今度は声をあげる番だと思います。ボクたちの親がそうしてくれたように。

 小さな一歩かもしれませんが、少しずつ改善させていきませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加