デジタルマガジン

2013年03月14日 22:58

Googleリーダー終了で困るのはブロガーと情報中毒者だけ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 『Googleリーダー』終了の知らせを聞いてから今朝から『Google+』であわあわしていたのですが、ブロガー仲間の愛場大介さんから鋭い指摘を受けて「せやな」と落ち着きを取り戻しました。

 情報収集は飽和してるからどうでもいいの。
 篠原修司というキュレーターにフォロワーが着いてくだけだから。

 先頭で発信する側としては困るだろうけど、フォロワーのほうは何も困らない。

 篠原修司 – Google+ – TwitterやFacebookなどのソーシャルで拡散する時代、というのは感覚ではつかんでいるけども、どちらももう伸び…

 たしかに、困るのはボクのような発信者側だけですねぇ……。あとは1日に何百本もニュースをチェックすることがもうクセになってる情報中毒者くらい。まあこれもボクなんですが(笑)。

 Googleリーダーを普通に使っている大部分のユーザーは、代替サービスとして名乗りをあげてたり薦められてたりしているフィードリーダーで事足りそうです。足りないのは『はてブ』やらなんやら何十本、何百本とGoogleリーダーに突っ込んでるブロガーだけ。

 代替サービスもいくつか試してみましたが、「何百本とある未読のなかから複数のデバイスをつかって気になるタイトルだけをピックアップし、あとからそれをチェックしていく」というボクの使い方に合うフィードリーダーはなかったです。このへんは明日にでも別の記事にします(時間があれば)。

 でまあイロイロ試していくなかで「そもそも普通の人はどうやって情報見てるんだろ?」と気になり、Googleリーダーを使ってないライトなインターネットユーザーの知人に「どうやってお気に入りのサイト見てるの?」と聞いたところ、「iPhoneでSafariがタブ記憶してるからそれ更新する」と想像もしなかった回答が返ってきました。

 ちなみにPCの場合は「Firefoxが(タブを)記憶してるから」と同じことを言われました。ブックマーク(お気に入り)でもないなんて。普通の人のインターネットとボクのインターネットが違う……。

 Googleリーダー終了後、はてブのトップページや各ニュースサイトをいちいち巡回するなんて想像もしたくないですが、ブロガーとしての情報収集はなかなかめんどくさいことになってきそうですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加