デジタルマガジン

2013年02月15日 19:32

3Dプリンタの出力方法が想像してたのとちょっと違ってた件

このエントリーをはてなブックマークに追加

 個人でも買える値段のものが登場したということで話題になっているじゃないですか、3Dプリンタ。あれの出力方法が想像してたのとちょっと違ってたのでそのメモです。

 ボク、“削り出し”だと思ってたんですよ。

 なんかでっかいプラスチックだか樹脂だかのかたまりをプリンタの中心にドーンと置いて、それをレーザーで削っていく。そんな感じのを想像してました。おお、さすが3Dプリンタ、みたいな。

 でも違いましたね。全然違いましたね。以下の動画を見れば分かるんですが、ものすごく“出力”してました。

 3Dプリンター「Replicator 2」が鎖を出力する様子を高速で撮影してみた – YouTube

 うん、削り出しじゃなくて抽出してた。

 この方法だとランニングコストもそんなに高くないだろうし、技術がこなれてきたらもっとお手軽に3Dプリンタが使えるような気がします。

 3Dプリンタ、そのうち一家に一台の時代がくるんですかねぇ。

このエントリーをはてなブックマークに追加