デジタルマガジン

2013年02月09日 1:40

イケダハヤトセンセ、自分のわがままで他人に迷惑かけといてそのツイートはない

このエントリーをはてなブックマークに追加

 切込隊長ことやまもといちろう氏と、プロブロガーのイケダハヤト氏の対談イベントがハヤトセンセの事情で5月以降にずれることになったそうですが、その件で隊長がキレております。

 おい、イケダハヤト師 ちょっと来い @ihayato: やまもといちろうBLOG(ブログ)

 長いのでまとめますが、だいたいこんな感じです。

 知人から協力したいとの連絡があったが、イケダハヤトが自分の手によるイベントしたい。200人規模にしたい。収益はとあるNPOに全部寄付したいと希望したので協力の申し出のうち断るべきものは全部断った。

 でもイケダハヤトが予定していた会場は、あちらの確認ミスで当初の予定の4月は借りられないことが判明した。5月以降はあまりにも遅いだろうからこちらでは関係者各位に遅延の連絡をした。

 なのにイケダハヤトの方は自分のブログでお知らせを書かない。書けと言ったら「中身のある記事が書けない」ことを理由にTwitterで知らせるといった。でもツイートしない。おい、どうなってるんだ。

 というようなことをいつもの隊長節で書かれております。まあボクの要約なんかよりきちんと原文を読んだ方がよろしいです。

 ただ、一応この流れのなかには隊長の見落としがあったんですね。

イケダハヤト氏、ツイートはしていた

 隊長の記事は8日の夜に公開されたのですが、ハヤトセンセも同日の朝に遅れるとのツイートをしていました。

 とまあちょっとした行き違いがあったわけですが、それをふまえてもこのツイートはないと思うんですよ。

 何ですか、「勝手に怒り出さないでほしいなぁ…」って。

 こんなのわざわざ言うことでもないと思うんですけど、イベントが遅れることになったのは誰のせいなの?

相手に伝わってこそ連絡

 たしかにハヤトセンセの気持ちも分かりますよ。ブログのタイトルに@マークつきでTwitterのID書かれたせいでいやほどmentionが飛んでくる。ウザいですよね。それは分かります。

 でも、そこまで隊長を怒らせたのはほかでもないイケダハヤト、アナタなんですよ。

 「僕はきちんとツイートしました」という言い分があるかもしれない。でも、相手に伝わってなかったら連絡したことにはならないんですよ。ビジネスのやり取りを、ツイートだけですませますか?

 よしんばTwitterだけですませるにしても、最低でもDMでしょう。やり取りを公開する場合であってもmentionをつけるのが普通です。

 まともに連絡すらできていないのに「僕はツイートしました。勝手に怒り出さないでほしいなぁ…」はない。ないわ。それはないわ。

ワガママで相手に迷惑をかけていることを理解していない

 で、たぶんこれを理解してないのであんなツイートが出てきたんだと思うんですが、相手に迷惑をかけていることを分かってますか?

 今回のトークイベントは、すべてハヤトセンセの希望を通してくれてるわけです。隊長が。あの隊長がですよ。

 そのために隊長は協力を申し出てくれた人に対して断りを入れたり、関係者に対して「すみません、遅れます」と連絡を入れて動いてくれてるわけです。労力かけてるんです、ハヤトセンセの希望のために。

 それなのにハヤトセンセときたら遅延の告知はしない。隊長が書けと言っても「中身のある記事が書けない」ことを理由に断る。Twitterでの連絡も不十分(隊長視点では連絡なし)。そりゃ、怒るのもしかたないと思いませんか?

 ブログは個人のものなので好き勝手やっていいでしょうが、対談イベントともなれば相手がいるんです。ハヤトセンセはまず相手がいるということを頭に入れるべきだと思います。

 「カイさんだって一人でやってるんでしょ、できますよ」とか言ってる場合じゃないですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加