デジタルマガジン

2012年11月17日 22:35

音楽が“音楽だけ”では売れない時代

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年のオリコン年間シングルランキングトップ20が、『AKB48』グループと『ジャニーズ』グループで埋め尽くされてしまったそうです(あと5週分残している仮の順位ではありますが)。

 2012年 オリコン年間シングルランキング暫定トップ20

 ***1位 : 182.0万枚 … AKB48 「真夏のSounds good !」
 ***2位 : 143.7万枚 … AKB48 「GIVE ME FIVE!」
 ***3位 : 129.2万枚 … AKB48 「ギンガムチェック」
 ***4位 : 112.9万枚 … AKB48 「UZA」
 ***5位 : *64.9万枚 … 嵐 「ワイルド アット ハート」
 ***6位 : *62.0万枚 … 嵐 「Face Down」
 ***7位 : *59.3万枚 … SKE48 「片想いFinally」
 ***8位 : *58.2万枚 … SKE48 「アイシテラブル!」
 ***9位 : *57.8万枚 … SKE48 「キスだって左利き」
 **10位 : *55.9万枚 … 嵐 「Your Eyes」
 **11位 : *44.9万枚 … NMB48 「ナギイチ」
 **12位 : *38.5万枚 … NMB48 「ヴァージニティー」
 **13位 : *37.6万枚 … NMB48 「純情U-19」
 **14位 : *37.5万枚 … エイトレンジャー 「ER」
 **15位 : *35.2万枚 … Kis-My-Ft2 「WANNA BEEEE!!!/Shake It Up」
 **16位 : *32.0万枚 … 関ジャニ∞ 「愛でした。」
 **17位 : *31.9万枚 … Kis-My-Ft2 「We never give up!」
 **18位 : *31.7万枚 … NMB48 「北川謙二」
 **19位 : *30.4万枚 … NEWS 「チャンカパーナ」
 **20位 : *29.1万枚 … Hey!Say!JUMP 「SUPER DELICATE」

 2012年オリコン年間シングルランキングトップ20、ついにAKB48グループとジャニーズで埋まる! : The Natsu Style – オリコン&音楽ランキング分析

 かろうじて21位に『Mr.Children』の『祈り ~涙の軌道/End of the day/pieces』がつけていますが、いずれにせよトップ10はAKB48とジャニーズのものです。

 以前のボクは「握手券や生写真じゃなくてCDを売れ」などと言ってましたが、考え方を変えました。今はもう、音楽が“音楽だけ”では多くの人に売れない時代なんだと。

昔よりCDアルバム1枚分増えた通信費

 音楽が売れていた時代と売れない今、お金の流れで何が変わったかと言えば通信費です。ここで言う通信費とは携帯電話の料金と、インターネットに接続するためのプロバイダー料金のことを指します。

 昔の通信費は固定電話の料金と手紙、切手代ぐらいでした。しかし、今はほぼ全世帯が携帯電話とインターネットというふたつの固定費を毎月支払っています。

 ちなみにグラフでよく分かる1世帯1ヶ月あたりの通信費の推移はこんな感じ(総務省調べ)。

 統計局ホームページ/第2章 家計から分かる暮らしの特徴

 グラフから携帯電話が一般に出回り始めたとみられる平成12年と普及した平成23年の金額を見ると、だいたい3千円ほど高くなっているのが分かります。3千円と言えばCDアルバム1枚分ですね。

 つまり、毎月の収入からCDアルバム1枚分のお金が消えているのです。

かぎられたパイを奪い合う娯楽業界

 そうなると割を食うのはほかへの支出です。収入の推移を無視すれば単純に使えるお金が3千円少ないわけですから、何かを買うのを我慢しなければなりません。むしろパソコンやデジカメなど昔より娯楽が増えた今では我慢、というよりもどれに注ぎ込むか、といったところでしょう。

 何か新しい娯楽が生まれれば、それ以外の娯楽への支出が減る。音楽のクオリティがどうのこうのではなく当然の流れで、同じようなことは出版業界でも起きています。

 かぎられた支出をどうやって自分たちに向けて貰うか。そのための戦略が握手券や生写真など歌手たちが持つアイドル性だったとしたら?

 安易な値下げをせず、価格を維持したままで音楽を売るためにはどうすれば良いのか。CDに付加価値をつけることで見事にファンを獲得できたAKB48やジャニーズは成功したと言えるでしょう。

 ちなみに、ボクも先日CDアルバムを1枚買いました。音楽そのものも好きでしたが、買う決め手となったのは“著作権フリー”という付加価値でしたよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加