デジタルマガジン

2012年11月29日 19:11

税務署が鬼。競馬で28億使って30億ゲットした男性に6億9千万円の税金を請求

このエントリーをはてなブックマークに追加

 そろそろ確定申告の時期だというのに税務署が鬼のような徴収を行っているニュースを見てえらい驚いております。競馬で28億円分使って30億円をゲットした男性に6億9千万円の税金を請求しているそうです。

 競馬の馬券配当で得た所得を申告せず、2009年までの3年間に約5億7000万円を脱税したとして、所得税法違反に問われた会社員男性(39)が大阪地裁の公判で無罪を訴えている。

 配当を得るための「必要経費」には膨大な外れ馬券の購入額も含めるべきで、当たり馬券だけから算定したのは不当と主張。国税関係者は「競馬の必要経費が法廷で争われるのは例がない」と審理の成り行きを注視している。

 国税当局は、必要経費について「収入の発生に直接要した金額」と定めた同法を根拠に、競馬の場合は当たり馬券の購入額のみと判断。配当額から必要経費を差し引いた所得を「一時所得」とし、一般的には給与以外の所得が年20万円を超えれば確定申告が必要になるという。

 男性の弁護人らによると、男性は07~09年の3年間に計約28億7000万円分の馬券を購入。計約30億1000万円の配当を得ており、利益は約1億4000万円だった。

 大阪国税局は税務調査の結果、配当額から当たり馬券の購入額を差し引いた約29億円を一時所得と認定したとみられ、無申告加算税を含む約6億9000万円を追徴課税し、大阪地検に告発。地検が在宅起訴した。

 当たり馬券配当30億円、外れは経費?…裁判 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 これね、ひどい話ですよ。海外の面白ニュースじゃなくて日本のニュースですよ。

 当たった馬券に使ったお金だけ、つまり“収入の発生に直接要した金額”しか経費にならないという理論なら日本中の企業が潰れます。

 どこぞのお偉いさんを接待して仕事が取れなかったらそれ経費じゃなくなるわけです。商品を大量に入荷して1個しか売れなくて泣く泣く残りを廃棄したら1個しか経費にできないわけです。そんなバカな話はないですよ。

 税務署の言い分が通るのはこの男性がこれまでに27億ハズレ続けて最後の1億で30億儲けたときぐらいのもんです。でも実際はそうじゃない。男性は3年間、独自の方法で勝ち馬を予想してコツコツやって黒字にしたんですよ。

 それに対して当たり馬券しか経費として認めないってのはちょっと納得できないですね。競馬どころかダービースタリオンしかしたことありませんが、これじゃ競馬やるなって言ってるようなもんです。

 税務署が訴えたのって競馬場内のはずれ馬券を経費にされるとたまらないとか(なんか大ハズレしたらその場に投げ捨てるローカルルールみたいなのあるでしょ)そんな別の理由があるんじゃないかと疑っちゃいます。おー、こわ。

このエントリーをはてなブックマークに追加