デジタルマガジン

2012年06月04日 22:49

Twitterのツイート利用ガイドラインに従うべきか従わざるべきか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2ちゃんねるの転載禁止を警告された『はちま起稿』が早速Twitterの転載を始め、それがTwitterのツイート利用ガイドラインに引っかかるとしていわゆる批判的な人の一部が騒ぎ立てていますが、これねえ、難しい問題だと思うんですよ。

 ユーザーの正体を削除、ユーザーを特定する情報を削除、改ざんしたり、不明瞭にしたりすること。

 Twitter ヘルプセンター | ブロードキャスト、その他オフラインメディアでのツイート利用に関するガイドライン

 ぶっちゃけて言えば、ツイートの発言者って分かった方がいいですか?

 なにか著名人のツイートに対して言及するとかならそりゃ分かった方がいいですし面白いことをツイートしたならネタ元として掲載すべきだと思いますが、話の流れの一部として一般人の発言を利用した場合、2ちゃんねるまとめブログとかだとその発言者に対してネガティブな反応が飛んでくることが普通に予想されます。

 だからボクも発言者への配慮としてアイコンやTwitter IDを隠したりするのですが(もちろん引用の原則としてリンクを貼るのでURLをクリックすれば分かるのですが)、これってガイドラインが想定している防ぎたいことなんでしょうか?

 Twitterのガイドラインにはこうも書いてあります。

 ユーザーの安全性が懸念されるような場合を除き、ツイートを匿名のまま掲載すること。

 Twitter ヘルプセンター | ブロードキャスト、その他オフラインメディアでのツイート利用に関するガイドライン

 だからどちらかというと安全性を懸念した(凸られたりする)案件に当てはまると思うんですが、不快な思いをする可能性があるだけで身の安全は保証されてるし、いやホント判断が難しい。

 もちろんガイドラインを守っていた方がツイートを利用された人から苦情が来ても「いや、Twitterのガイドラインに従ってますから」と突っぱねられるのですが、それもなんか微妙です。

 そもそも日本の法律が定める引用の範囲内の利用であればTwitterがどんなガイドラインを決めていようがそんなものはただのローカルルールなわけですし、出典さえ明らかにしていれば匿名での掲載でも問題ないと思います。

 ただそうすると批判的な人が鬼の首を取ったように攻撃してくるわけで、こちらとしてはツイートを利用させて貰った人への配慮としてあえて隠したことが裏目に出たみたいな状況で、かと言ってそのまま掲載すれば記事の内容によっては発言者にネガティブなことが起き、お前が割を食えみたいなことになるとそれもまた心苦しくホント悩ましいです。正解が分からない。どうしたらいいの?

このエントリーをはてなブックマークに追加