デジタルマガジン

2012年06月25日 11:40

1キロあたり250万円。ウナギの稚魚が数年前の金と同じ価格に

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウナギの稚魚、シラスウナギの価格が3年連続の不漁のため昨年の価格より3倍に高騰し、1キロあたり250万円という驚きの額になっているそうです。

 今季、シラスウナギの仕入れ値は1キロ=250万円。不漁だった昨季のさらに約3倍に高騰した。

 朝日新聞デジタル:稚魚不漁で「一色ウナギ」正念場 空っぽの養殖池も – 社会

 1キロあたり250万円はすごいなあと素直に感心していてふと気づいたのですが、この価格、数年前の金1キロあたりの相場と同じですね。

 田中貴金属工業さんが掲載している年次の金価格推移表によると、2007年の金の平均価格は1キロあたり266万円。2006年が223万円だったことを考えると、金と同じ価格と言ってもいいんじゃないでしょうか。そう、ウナギと金が同じなんです!

 田中貴金属工業株式会社│年次金価格推移

 とは言え、そんな金の価格も高騰に高騰を続けて今では406万円。数年前に金をいっぱい買ってたら今では大金持ちですね。

 ということは今このシラスウナギを買っておけば数年後には!? と思ったのですがウナギだから数年後にはみんなのお腹の中に収まってますよねー。

このエントリーをはてなブックマークに追加