デジタルマガジン

2012年05月10日 11:41

流出したTwitterのIDとパスワードは他のサイトからのものと判明。Twitterを使っているだけなら安全です

このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨日、TwitterのIDとパスワードが55,000件も流出した件ですが、Twitter社の調査によるとTwitterからの情報流出ではないことが分かったそうです。

 流出元はいまだに不明ですが、おそらくはTwitterのIDとパスワードを入力して使うタイプの外部のウェブサービスから漏れたものと考えられます。

 Twitterではこの件について公式ブログで「普通にTwitterを使っている人のアカウントは含まれていない」と発表しています。

 これらのアカウントはTwitterではないサイトから出たものと考えられます。大半はスパムアカウントとして停止されているもので、普通にTwitterを使われている方々のアカウントはこのリストには含まれていません。

 Twitterブログ: 昨日の「パスワード流出」というニュースについて

 というわけで普通にTwitterを使っているだけの人ならアカウントは大丈夫です。万が一流出したリストに入っていた場合でも、Twitterからパスワードのリセットリクエストがかけられているそうです。

 まあギークな人ほどいろんなTwitter連携サービスを利用しているので逆に不安になるのですが、どうしても確認したい人は流出したIDと照合するサービスがリリースされているのでそちらを利用すると良いでしょう。

 Twitterのパスワードが流出していないか確認:WIWA TWIPASS(2012年5月16日までの期間限定サービス)

このエントリーをはてなブックマークに追加