デジタルマガジン

2012年05月09日 13:44

Twitterから55,000件のIDとパスワードが流出。今すぐ自分のIDがないか確認しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

【5/10更新】続報が出ています→流出したTwitterのIDとパスワードは他のサイトからのものと判明。Twitterを使っているだけなら安全です

 どこから漏れたのかはまだ不明ですが、Twitterから55,000件ものIDとパスワードが流出したそうです。

 Twitter側は影響を受けたアカウント保持者に対して“パスワードのリセット”を要請していますが、念のために公開されている流出アカウントのリスト一覧から自分のID、もしくはメールアドレスがないかどうか確認することをオススメします。

 流出件数が多いのでリストは全部で5ページに分けて掲載されています。

 とりあえず自分のIDが載ってなかったので安心しました。各ページを開き、“Ctrlキー+F(Macだとcommand+F)”を押して自分のIDを入力するとページ内を検索して調べられます。

 Twitterを利用している人はお互いに注意を呼びかけましょう。こういうの怖いですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加