デジタルマガジン

2012年05月07日 10:33

賞味期限が切れたお好み焼き粉を食べるとアナフィラキシーショックを起こすらしい

このエントリーをはてなブックマークに追加

 賞味期限の切れたお好み焼き粉にはダニが沸いてその死骸や排泄物が混ざり、それを食べるとアナフィラキシーショックを起こす可能性があるというなんとも恐ろしい話を読みました。

 アナフィラキシーショック苦しすぎてワロタwwwwww : ニコニコVIP2ch

 掲示板『2ちゃんねる』への書き込みによれば“賞味期限が4年前にすぎたお好み焼き粉”でお好み焼きを作って食べたところ、息継ぎもできないほどの嘔吐と鼻水に襲われたそうです。

 そして救急車で運ばれて着いた先での診断はダニによるアナフィラキシーショック。なんでも、お好み焼き粉には出汁が入っているため古くなるとダニが集まってくるそうです。

 加熱でダニは死ぬでしょうが、それまでに溜まったダニの死骸や排泄物などの毒性は消えませんからショック症状が起きるのも頷けます。

 ボクは自宅でお好み焼きやもんじゃ焼きをよく作るのですが、今後は賞味期限切れたお好み焼き粉は使わないことにきめました。1年前のお好み焼き粉とか平気で使ってましたからね、恐ろしい恐ろしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加