デジタルマガジン

2012年04月17日 12:20

チキンラーメン号で出されるチキンラーメンがまずい話

このエントリーをはてなブックマークに追加

 福岡市西区にある『ショッパーズモールマリナタウン』の新装オープンイベントに日清食品の『チキンラーメン号』が来てまして、無料でミニチキンラーメンを振る舞っていました。

 チキンラーメン好きなボクは喜んで飛びついたのですが、これが、まずいんです。

味のしない麺と飲めないほど熱いスープ

 配られていたのはミニカップ麺タイプのチキンラーメンです。

 麺をほぐし、いざ「いただきます!」と口に入れたのですが……なんですか、このまずさは。

 なぜかほぐしたばかりなのにのびている麺。しかもダシが、チキンラーメンのあのダシがほぼスープに出てしまっていてフニャッフニャの出がらしみたいになっちゃってます。

 じゃあ「スープと一緒に食べればいいや」と、まずスープを口に含んでから麺を食べようと、そしたらイーブンだろうと。そう思うわけですよ。

 そしたら今度はそのスープが熱いのなんの。

 いや、サービスなんですよ。アッツアツのスープ。ぬるいスープなんてお客様に出せないから、サービスで熱くしてくれてるわけです。いわば善意の熱さなわけです。

 でも、そのおかげで飲めない。猫舌でもないのに口すらつけられないほど熱いわけです。

本当はおいしいチキンラーメン

 ボクはけっこうチキンラーメンを食べます。月に3食くらいは食べてます。独身じゃないからこれぐらいが限界です。なんだったらガリガリのまま食べることもあります。むしろこっちの方が好き、みたいな。

 チキンラーメンって、人によっていろんな食べ方があるじゃないですか。ボクはお湯を入れてから3分待つと麺からダシがですぎるので、いつも2分30秒ぐらいでもうラップを外しちゃうんですね。

 まだ麺はほぐれてないんですけど、味のことを考えるとこの辺が限界みたいな。ちょうど“バリカタ”みたいな固さのこの麺がおいしいわけです。

 で、麺を食べ切ったら今度はダシが出ている残ったスープを飲みます。これもおいしい。

 つまり、すぐおいしい、すごくおいしいにくわえて二度おいしいんです。

 そう、チキンラーメンはおいしいはずなのに、おいしいはずなのになぜかまずいんです。これは本当にもったいないですね。写真には撮りませんでしたけど、けっこうな量の麺が用意されていたゴミ箱に捨てられてました(ボクは麺は全部食べきりました)。

 味なんて個人の好みなうえにタダで出されたものにケチつけるのもどうかと思うんですけど、せっかくチキンラーメンの美味しさをひろめるためのイベントなのになんとも残念だなあという話でした。

 「チキンラーメン、バリカタで」とかない?

このエントリーをはてなブックマークに追加