デジタルマガジン

2012年03月05日 12:47

『ファイナルファンタジーVII』のキャッチコピーはネトゲの世界で成功していた

このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジー』シリーズのキャッチコピー一覧を見ていて、『ファイナルファンタジーVII(FF7)』のキャッチコピーが大成功していたのだと今さらながら気づきました。

 FF7のキャッチコピーは「もうクラウドになったかい?」。もう覚えていないのですが、当時はCMにも使われていたようです。

 CM ファイナルファンタジーⅦ – YouTube

 当時、自分のことを「クラウドだ」なんて言う変な友達はいませんでしたが、それから数年後のMMORPG全盛期、ちょうどガンホー運営の『ラグナロクオンライン』が流行った時代、ネットゲームの世界では“自称クラウド”でいっぱいでした。

 “クラウド”はもちろん、“KURAUDO”や“-Cloud-”、なかには“†クラウド†”なんて名前のプレイヤーもいました(†は「ダガー」で変換できます)。

 FF7が発売されたのは1997年1月31日ですが、それから5年後、6年後でもユーザーのなかに「クラウドになりたい」という想いを抱かせ続けたことを考えると、やっぱりFF7は傑作だったのだなとしみじみ感じました。

 またゴールドソーサーで遊びたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加