デジタルマガジン

2011年12月01日 21:03

2年前に購入したロジクールのマウスが壊れたのでサポートに連絡したら新品と交換してくれた話

このエントリーをはてなブックマークに追加

 早い話が「さすがロジクール! 神対応!」ってだけなんですが、2年前に購入したロジクールのマウスがチャタリングを起こすようになったのでサポートに連絡をしたところ、新品と交換してくれることになりました。

 交換対応して貰ったマウスは『Gaming Mouse G500』。2年前の2009年12月18日にAmazonから購入したもので、かなり酷使していたのでチャタリングを起こすのも無理はないと思います。

ロジクールの保証期間は3年。しかし保証書も箱も紛失状態

 すでに保証書も箱も何もない状態なので普通なら買い直すところですが、ボクは以前にもロジクールの充電式ワイヤレスキーボード&マウスセットを交換して貰ったことがあるので(このときはマウスが充電されなくなった)、とりあえず今回もダメもとでサポートに連絡してみることに。

 で、交換対応となりました(購入証明としてAmazonの購入履歴ページのスクリーンショットを添付)。

 そして届いたマウスがこちらです。

 壊れたマウスと比べてみました。左が届いた新品マウス、右が愛用の2年物マウスです。ロゴとクリック部分の塗装がはげてしまってますね……。

 ちなみにGaming Mouse G500にはウェイト調整用に重りが付属されているのですが、こちらもちゃんと入ってました。軽い方が扱いやすいのでボクは使ってないのですが(笑)。

交換前にマウスに保存されているプロファイルの抽出を忘れずに

 届いたマウスを喜びながら交換したわけですが、ロジクールのマウスの設定はマウス本体のオンボードメモリに記憶されているので交換後のマウスは設定が初期化された状態です。

 そのままだと自分で再設定しないといけないので、古いマウスからプロファイルを抽出するか設定を覚えておいてササッと入力してしまいましょう。

 ロジクールのマウスは一般的なマウスより高いのですが、使いやすいしなにより保証が3年間ついてくるのでオススメです。壊れても今回のように交換対応してくれます。ボクはMacbookでもロジクールのワイヤレスマウス『M510』を使ってます。

 というわけでこの記事をもってロジクールへのお礼とさせて頂きます。できれば交換品の発送がもうちょっと早くなってくれると嬉しいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加