デジタルマガジン

2011年10月06日 8:48

『iPhone 4S』の通信速度、auよりソフトバンクの方が速いのは確定的。実測値でauは1.45Mbpsに対しSBは2.02Mbps

このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨日、ソフトバンクの孫正義社長が「『iPhone 4S』の理論値はauよりソフトバンクの方が速い」とTwitterで発言したことで「理論値の話だろ」と世間が賑わっていますが、どうも実測値でもソフトバンクが有利ですよ。

 「まだiPhone 4Sが出てないのにどうやって?」と思われるでしょうが、iPhone 4Sが出てないならキャリアと理論値が同じ機種の実測値を参考にすれば良いんです。

 というわけで参考にした実測値は以下のITmedia +D モバイルの2つの記事。

 どちらの記事も同じ編集部が計っており、計った場所も東京都大手町と同じ条件。期間は前者が2011年1月中旬、後者が2011年8月中旬とやや離れているものの、旧機種『GALAXY S』と新機種『GALAXY S II SC-02C』の差を見るかぎりむしろ昔の方が速度は有利とみて良いでしょう。

 そしてこのデータから持ってくるのは前者はiPhone 4Sと同じ『CDMA EV-DO Rev. A』規格のauのスマートフォン『IS03』、後者は同じく『HSDPA』規格に対応のソフトバンクのスマートフォン『AQUOS PHONE 006SH』です。

 気になる両機種の実測値は以下の通り。

  • IS03 下り:1.45Mbps 上り:0.77Mbps
  • AQUOS PHONE 006SH 下り:2.02Mbps 上り:2.18Mbps

 auのIS03の下り実測値が1.45Mbpsであるのに対し、ソフトバンクのAQUOS PHONE 006SHの下り実測値は2.02Mbps。なんとソフトバンクの方が実測値でも速いんです! この結果にはボクもかなりビックリ!

 iPhoneユーザーとして「ソフトバンクは電波悪いし、auの方が良いんでしょ?」と思いこんでいましたが、数字は嘘をつきません。同じ規格、同じ理論値、同じスマートフォンで比べた場合、ソフトバンクの方が0.57Mbpsも速い!

様子を見るのが正解

 で、この結果をみてどうすれば良いのかというとじつは様子を見るのが正解だったりします。急いでauやソフトバンクにiPhone 4Sの予約を入れる必要はありません。

 今回の検証で使った数字は同じ条件、同じ規格とはいえあくまで参考値。実際にiPhone 4Sで計ってみないことにはどっちが速いかなんて決められません。それに、場所によってはauの方が速いところも出てくるでしょう(ソフトバンク繋がらないし)。

 iPhone 3GSを使っていて2年縛りの契約期間がちょうど切れる、とかでないかぎり人柱の人たちの報告を待つのが一番ですよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加