デジタルマガジン

2011年09月21日 12:05

『Google+』への登録が誰でも可能に。記念すべき100個目の機能は招待制終了でオープンに

このエントリーをはてなブックマークに追加

 コアなネットユーザーを中心にテストが行われ続けていたGoogleのソーシャル・ネットワーキング・サービス『Google+』で、本日より招待制が廃止されて誰でも自由に登録できるようになりました。

 Googleによれば今日でGoogle+の運営は90日目を経過。いままでどんな機能が追加されてきたのかサッパリ覚えていませんが、Google+の記念すべき100個目の機能として招待がなくても誰でも自由に参加できるようにしたとの発表がGoogleからありました。

 Google+については“Twitterキラー”だの“Facebookのパクリ”だのイロイロ言われていますが、ユーザーのボクとしてはそのどれにも当てはまり、そしてそのどれもを超えるサービスだと感じています。

 ぶっちゃけGoogle+が楽しくてしょうがないです。Twitterよりも長文が投稿できるし、Facebookよりも仕組みが分かりやすい。Youtubeの動画はURLを張り付けるだけでそのまま再生可能な状態で投稿できますし、ネットユーザーならではのゆるいコミュニケーションがたまりません。Google+をはじめてから確実にブログにアウトプットする量が減りました。

 今日から一般開放とのことなのでGoogle+の空気がどう変わっていくのか分かりませんが、このままの空気で成長していってくれると嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加