デジタルマガジン

2011年07月28日 18:28

任天堂、『ニンテンドー3DS』を1万円値下げして15,000円にすると発表。8月11日より

このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月28日、任天堂の岩田社長はポータブルゲーム機『ニンテンドー3DS』のメーカー希望小売価格を、8月11日より現在の25,000円から15,000円に値下げすると発表しました。

 以下に岩田社長からのメッセージを掲載します。

 みなさん、こんにちは。任天堂の岩田です。

 ニンテンドー3DSをご愛用いただき、ありがとうございます。

 このたび、8月11日にニンテンドー3DSハードの価格改定をさせていただくことになり、本日それを発表いたしました。

 ゲーム機を発売して一定の期間が経ち、さらなる普及を目指して値下げをするということは過去にもありましたが、今回のように、発売から半年も経過せずに、しかもこれほど大幅な値下げをしたことは、任天堂の過去の歴史にはありませんでした。

 このことは、いちばん最初にニンテンドー3DSを応援してくださったみなさまからのご信頼を損ない、ご批判を受けかねないことだと痛感しております。

 今回、このような前例のないタイミングで値下げに踏み切ったのは、ニンテンドー3DSの発売前と、現時点で大きく状況が変わり、今思い切った手を打たなければ、多くのお客様にニンテンドー3DSを楽しんでいただく未来がつくりだせない可能性が高まったと判断したためです。

 ソフトの作り手の方々にも、販売に携わるみなさまにも、「ニンテンドー3DSは、ニンテンドーDSの後継のゲーム機として間違いなく普及する」という確信を持っていただけなければ、ニンテンドー3DSが勢いよく多くのお客様に広がり、ソフトが充実し、結果的にニンテンドー3DSを購入されたみなさま全員にご満足いただくという循環がつくれません。

 みなさまは、ニンテンドー3DSを最初に応援してくださった大切なお客様です。「早く買って損をした」というお気持ちを完全になくすことはできないかもしれませんが、特別なお客様であるみなさまに対し感謝の意を表して、以下のようなご提案を用意させていただきました。

 任天堂株式会社|ニンテンドー3DSを価格改定前に購入されたみなさまへ

 なお、既存購入者にタイしては“アンバサダー・プログラム”として、今後配信予定のファミコン・バーチャルコンソールタイトル合計20本を無償で配信するとのことです。

 ボクは発売日当日にニンテンドー3DSを買った口ですが、あまり遊んでないのでじつは今回の値下げはそんなに気にならなかったりします。

 任天堂としても東日本大震災の影響、そしてなによりも25,000円という強気の価格設定による購買意欲の低下にその重い腰をあげざるを得なかったというところでしょうが、今回の値下げがどのように響くか今後の展開に注目です。

このエントリーをはてなブックマークに追加