デジタルマガジン

2011年04月28日 11:07

PSNユーザーのクレジットカード不正利用されたの声が続々と届く。取引履歴に注意を

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その形跡が見つかっていない」ため盗まれたのかどうかすら不明の『PlayStation Network』および『Qriocity』のクレジットカード情報ですが、海外のPSNユーザーから「クレジットカードを不正利用された」との声が続々と届いています。

 アメリカのゲームニュースサイト『Shacknews.com』編集ディレクター、ガーネット・リー(GarnettLee)氏は「同僚のクレジットカードが1,500ドル分、ドイツの食料品店で決済された」とTwitterでつぶやいています。

 Twitter / @GarnettLee: bummer, one of our writers …

 『Shacknews.com』を運営している会社『GameFly』のオフィスはロサンゼルスにあるため、それがドイツで決済されたとなるとたしかにおかしなことです。

 また、雑誌『Wired』などを傘下に持つアメリカの出版社『Conde Nast』が運営するブログメディア『Ars Technica』では、「600ドル分のチケットがドイツの航空会社を通じて決済された」「日本のショップで8,000ドル分の決済が行われた」との被害報告が届けられています。

 Ars readers report credit card fraud, blame Sony

 そしてもうひとつ、ABCニュースではPSNユーザーのスプレクリー(Spreckley)さんがオーストラリアの国内便、およびホテルの予約としてクレジットカードを2,000ドル分も不正利用されたとあります。この報告では大型の被害に遭う前にハッカーたちのテストなのか、1ドル以下の少額決済が繰り返されていたとのことです。

 Hackers run up debt for PlayStation user – ABC News (Australian Broadcasting Corporation)

 ただ、これらの被害に遭った人たちが実際のところ『PlayStation Network』だけでクレジットカードを利用していたのかどうかは不明ですし、そもそも『PlayStation Network』からクレジットカード情報が盗まれたのかすらいまだに分かっていません。

 しかし、こういった報告があることを考えると、日本の『PlayStation Network』ユーザーの人たちもクレジットカードの取引履歴には十分に注意した方が良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加