デジタルマガジン

2011年04月22日 20:00

福岡発のアイドル『LinQ』のデビュー公演を取材してきました

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今月17日に天神イムズホールでデビューした福岡発の女性アイドルグループ、『LinQ』の取材に行ってきました。

 デビュー当日の記事でもお伝えしましたが、『LinQ』とは「Love in 九州」の頭文字をとった造語で、「リンク」と読みます。福岡、そして九州を盛り上げるため、総勢33名の九州の可愛い女の子が集まったアイドルグループなんです。

 レッスンから見学していたボクとしては、もうこのデビュー公演は感動でしたよ!

 それでは早速写真でその内容をお伝えします。

 ジェットスモークとともに登場した『LinQ』。最初は正式衣装を着たメンバー20人によるダンスです。この衣装には福岡の伝統工芸、博多織が使われています。

 メンバーたちは登場と同時に1曲目の『ハジメマシテ』、そしてすぐに2曲目の『FOR YOU』を熱唱。

 2曲のダンスをおえたあと、リーダーの上原あさみさんこと「あさみん」から順にメンバーの挨拶が始まりました。

 メンバー最年少、12歳の大石芽依ちゃん。FBS福岡放送でも取り上げられていたので知ってる人も多いんじゃないでしょうか?

 メンバーいち色黒な健康アイドル、天野なつちゃん。ホント太陽みたいに笑顔が輝いてますね。

 全員のMCがおわると、3曲目『Let’s feel together』を歌ってからメンバー交代となりました。

 メンバー交代では、ステージ暗転後に青い衣装を着た大人メンバー“Lady(レディ)”による本気のダンスがスタート! 曲は3曲続けて『夏magic』、『Fighting girl』、そして『Pretty woman』。

 それがおわると次は年少メンバー“Qty(キューティ)”によるダンスです。

 “Qty”のメンバーたちは『きもち』と『さくら果実』を披露してくれました。

 そしてコンサートはおわり……かと思いきや、アンコールの大合唱に応えてメンバー全員がオリジナルTシャツに着替えて登場!

 これには会場のファンも大興奮。見てのとおりライトグラフィティができてました。

 アンコールで歌われたのは『なう。』、そして『Shining Star』の2曲。『Shining Star』はオリジナルタオルを大きく振る激しいダンスでした。ファンはタオル必須ですね!

 そして最後に、『LinQ』を運営している株式会社JMPの代表取締役、小野純史社長の挨拶があり、デビュー公演は無事に閉幕しました。

物販も大人気の『LinQ』

 1時間半ほどのデビュー公演でしたが、メンバーにとっては長い、観客にとっては一瞬の舞台だったことでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加