デジタルマガジン

2011年01月04日 14:00

アメリカ軍の最新式ゴーグルの性能はもはやゲームの世界

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ペンタゴンで開発されているアメリカ軍の最新式ゴーグルの性能レポートがあがっているのですが、このゴーグル、すごいです。性能がハンパじゃありません。

 まず基本となるのがソルジャー・セントリック・イメージングと呼ばれる装置。この装置は兵士の周囲360度を見渡すことができ、半径1キロメートル以内にいる人間を全て捉えることができます。

 そしてコンピューター制御によるカメラ、SCENICCは兵士の音声コマンドによって両眼ともに最大10倍までのズームに対応。さらにここにDARPA(国防高等研究計画局)が開発したゴーグル制御ソフトが加わることですごいことになります。

 この制御ソフトは高解像度コンピューター処理によって画質を向上させた画像を分析した後に、ゴーグル内に分析データと各兵士への指示、ターゲットの補足と危険区域の警告などありとあらゆる情報を表示。そのうえ目標の認知や戦闘を見逃すことのないようマズルフラッシュの発見まで行うのです。

 もうアメリカ軍に敵う相手はいないんじゃないの? と思わせるような内容ですが、幸いなことにまだ開発中。完成までにはあと最低でも4年はかかる見通しです。周囲360度の世界が1画面に、いったいどんな風に表示されるのか見てみたいですね。

 ちなみに似たようなゴーグルはすでにゲームの世界に存在しています。PVがYoutubeにアップされているので、興味がある方はこちらをどうぞ。

 YouTube – Ghost Recon: Future Soldier Trailer – Live Action

[ コピペ情報局 via Pinoytutorial Techtorial ]

このエントリーをはてなブックマークに追加