デジタルマガジン

2011年01月15日 14:00

ノルウェーであまりの寒さにiPhoneが砕ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

 北欧のノルウェーで、iPhone 4を使用していたところ、外の寒さにiPhoneが耐えきれず爆発して砕けるというショックな事故が起きたそうです。

 被害にあった女性によると、車の中でiPhone(内のiPod)の音楽を楽しみ、そのまま外に持ち出して聞いていたらマイナス14度の外気に耐えきれずiPhoneが爆発してしまったとのことです。

 女性は壊れたiPhoneを修理して欲しいとアップルに持ち込みましたが、非情にもアップルの答えは「ノー」。iPhoneの動作保証環境は気温0度までとされており、女性はそれ以下の気温で使用したため保証を適用しないというものでした。

 ただし、幸運にもノルウェーの“消費者保護法”には「通常の状況下で使われた場合、保証は有効」との記載があり、それはアップルの契約を超えるとのことです。ノルウェーにおいてマイナス10~15度は当たり前のため、女性のiPhoneは修理、もしくは新品に交換されることでしょう。

 寒さに負けてiPhoneが砕けるということにもビックリですが、アップルにはもうちょっとその国にあった対応をして欲しいものですね。

[ apptoi via MobileCrunch, speechorgan ]

このエントリーをはてなブックマークに追加