デジタルマガジン

2011年01月25日 14:00

地球ロックで鍵をかけていても自転車が盗まれる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ちゃんと鍵をかけていたのに自転車を盗まれた。“地球ロック”までしていたのになぜ? という自転車の窃盗被害が報告されることがありますが、それはこんな理由からかもしれません。

 地球ロックとは、自転車を歩道や公園などの駐輪場に止めておくとき、地面に設置されている鉄の棒などの構造物にワイヤーをくくりつける方法のことで、この方法を採れば工具などでワイヤーを切断しない限り自転車を盗まれることはまずありません。

 しかし、ロックをかけた構造物によっては工具を使わずとも自転車を盗むことができるようです。その方法を紹介したのがコチラの動画。

 YouTube – HOW TO STEAL A BIKE IN ANTWERP (without any tools!)

 ポールの上部がカンタンに外れる仕組みになっているのが原因であることが分かります。日本にも似たような構造物がありそうなので、地球ロックをする時にはその構造物で大丈夫なのかどうかの確認、そしてできれば車輪にもワイヤーを通すように心がけたいものですね。

 ちなみにボクはAbusの多関節ロック『Abus Bordo』を愛用しています。この鍵ならよほどのことがない限り盗まれることはありませんし、何よりその見た目が軽い気持ちで自転車を盗む中高生を諦めさせてくれます。自転車を盗まれたくないならオススメです。

[ via ひろぶろ ]

このエントリーをはてなブックマークに追加