デジタルマガジン

2011年01月25日 8:00

宇多田ヒカルさんの声で作った人力VOCALOID作品がすごい。本人も「よく出来てるね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコニコ動画に1月24日にアップされた宇多田ヒカルさんの声を使って作られた“人力VOCALOID作品”のクオリティがすごすぎます。これは本人が歌っているレベル。

 “人力VOCALOID”とは、その人物が歌っている曲や喋っている動画から音声を抽出し、それを歌にあわせて上手に切り貼りしてまるで歌っているかのようにみせる技術のことで、ようするに「この曲をあの人に歌わせてみたい!」と思ったファンが頑張って作る作品のことです。

 今回アップされた作品は宇多田ヒカルさんの声で、トラボルタPさんが作曲した鏡音リンの曲『ココロ』を歌ったもの。聞いてみると本当にヒッキーが歌っているかのようなクオリティにビックリしますよ。

 【人力VOCALOID×宇多田ヒカル】「ココロ」 ‐ ニコニコ動画(原宿)

 ちなみに宇多田ヒカルさんご本人はこの作品について「よく出来てるね~これ!制作者に拍手」とTwitterで褒めていますが、同時に「しかし、自分の顔を使ったコラ写真を見た時のような気持ち悪さが(笑)」と、本人にしか分からない複雑な気持ちも語っています。

 可能ならその複雑な気持ちを解消するためにも宇多田ヒカルさんによるVOCALOID曲集、なんてものがリリースされるとどっちも好きなボクとしては万々歳です。ヒッキー×VOCALOID、聞いてみたくないですか?

[ via ニコニコニュース ]

このエントリーをはてなブックマークに追加