デジタルマガジン

2011年01月18日 20:00

アイスランドで撮影されたオーロラが美しすぎる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイスランドの写真家、クリスチャン・ウナー・クリスティアンソンさんが9年もの歳月をかけて撮影したオーロラの写真が美しすぎます。まずはその素晴らしい写真を見てください。

 クリスティアンソンさんによれば、オーロラはアイスランドであればアパートの窓からでも見えるそうですが、こういった写真を撮るためには光害のない場所まで車で移動しなければならないらしく、そのためにこれまで移動した距離は10,000~15,000キロメートルにはなるだろうとのことです。

 また、オーロラは太陽嵐によって引き起こされますが、近年は太陽嵐のピークは過ぎ去っており、一番最後のピークは2001年だったとか。今後のピークは2013年から15年にかけて起きると予測されており、オーロラ旅行の予定があるならこれらの年に訪れると良いそうです。

 生でこんなオーロラが見られたらきっと人生素晴らしいでしょうね。

[ via Mail Online ]

このエントリーをはてなブックマークに追加