デジタルマガジン

2010年12月27日 10:49

[PR] 【レビュー】喋った言葉を文字にするiPhoneアプリ『Dragon Dictation』と『Dragon Search』が面白い

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「このアプリを使ってみて」という依頼で人生で初めて音声認識アプリを使ったのですが、これは面白いですね! 皆さんも一度は試してみた方がいいですよ!

 実際に使ったアプリは喋った言葉を文字にしてメールやTwitterに投稿できる『Dragon Dictation』と、GoogleやYoutube、Wikipediaなどで検索できる『Dragon Search』の2つ。

 使い方はどちらも簡単。録音ボタンを押してマイクに向かって喋るだけです。ボクは早口なのでそのまま喋ると意味不明な文章になっちゃうんですが、一言一句をしっかりと喋るとちゃんと認識してくれます。

 というわけで早速『Dragon Dictation』で喋った言葉をTwitterに投稿してみました。TwitterのほかにもSMS、Eメール、クリップボードへのコピー、Facebookへ投稿できます。

 では『Dragon Search』はと言うと……、こっちはかなり便利! 検索したい言葉をGoogle、Wikipedia、Twitter、Youtube、そしてiTunesから検索できるんです。

 しかも検索の切り替えは画面上部に表示されているサイトのアイコンをタップするだけです。

 気になる音声認識ですが、単語はもちろん、人名についてもバッチリ! 喋っただけなのに漢字もちゃんと合っています。なんていうかすごいですね!

 ただ早口言葉には対応していないようで、ゆっくり喋っても意味不明な言葉に置き換えられてしまいます。ボクが言えてない可能性もありますが(笑)。

 音声認識アプリを一度も使ったことがないという人は、どのアプリでも良いので一度は試してみてください。なかなか面白くて遊んでしまうこと間違いナシです。ちなみにボクが使った『Dragon Dictation』と『Dragon Search』はiTunesから無料でダウンロードすることができます。

 Dragon Dictation, Dragon Search Apps from Nuance 公式サイト

[ PR by ブログタイムズ ]

このエントリーをはてなブックマークに追加