デジタルマガジン

2010年11月11日 9:39

Apple、日本のiTunes Storeでも映画の販売を開始。価格は新作2,500円、旧作・準新作が2,000円!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日11月11日、Appleが日本のiTunes Storeでも映画の販売を開始することを発表しました。アメリカでは2006年9月12日に映画の販売が始まっていることを考えると、日本は約4年遅れてのスタートとなります。

 映画は20世紀フォックス、パラマウント・ピクチャーズ、ウォルト・ディズニー・スタジオ、ワーナー・ブラザース、ユニバーサル・ピクチャーズといった主要なインターナショナルフィルムスタジオ、そしてアスミック・エース・エンターテインメント、フジテレビ、角川映画、日活、松竹、東映といった日本のコンテンツ・パートナーからの1,000本以上も購入、またはレンタルできるそうです。

 具体的に挙げられている作品名は『トイ・ストーリー3』、『セックス・アンド・ザ・シティ2[ザ・ムービー]』、『おとうと』、『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』、『踊る大捜査線 THE MOVIE 2』などなど。

 映画の販売は本日からとなっていますが、まだiTunes Storeにその項目はなく、実際のところいつから購入できるのかは分かりません。たぶん、本日中に購入できるようになると思われます。

 なお、気になる価格ですが画質によって価格が異なり、HD画質では新作が2,500円、旧作および準新作が2,000円。SD画質では新作が2,000円、旧作および準新作が1,500円となっています。また、レンタルではそれぞれ新作500円、旧作300円、新作400円、旧作200円となっています。

 iPadユーザー、かつ映画ファンの方は早くラインナップを確認したいところですね。

11月11日9:51分追記。コチラのリンクから映画を購入することができます→iTunes Store 映画

このエントリーをはてなブックマークに追加