デジタルマガジン

2010年10月25日 12:00

歌手の宇多田ヒカルさん、Twitterで自分のアルバムCDを買わないでと訴え

このエントリーをはてなブックマークに追加

 歌手の宇多田ヒカルさんが、11月24日にユニバーサル・ミュージック・ジャパンより発売されるアルバム『Utada The Best』を購入しないで欲しいとTwitterで訴えています。いったいどうしてなんでしょうか?

 普通なら考えられない発言ですが、宇多田さんによると「『Utada the best』は自分の意志とは全く関係がなく、EMIより発売される『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』の発売同日にぶつけられてきたもの」なんだそうです。

 調べてみたところ、宇多田さんは東芝EMIレーベルではあるのですが、海外進出にあたってユニバーサル・ミュージック系列のアイランド・デフ・ジャム・ミュージック・グループとも契約を結んでいました。つまり、今回発売されるアルバムはその契約が残っているためにリリースされたものだと思われます。

 宇多田さんによれば『Utada the best』には未発表の曲は1つも入っておらず、ファンにお金を出させたくない、全く心のこもっていないモノだそうです。普段あまり音楽を聴かないボクですが、宇多田さんの曲『A.S.A.P.』が大好きな曲なので取り上げることにしました。もしも読者の方の中に宇多田さんのファンがいるのでしたら、『Utada the best』ではなく、『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』の方を購入してください。よろしくお願いします。

 なお、『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』には『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のテーマソング、『Beautiful World -PLANiTb Acoustica Mix』も収録されています。

 宇多田ヒカルさんの発言へのリンクは以下になります。

 宇多田ヒカルさん発言その1

 宇多田ヒカルさん発言その2

 宇多田ヒカルさん発言その3

このエントリーをはてなブックマークに追加