デジタルマガジン

2010年08月22日 14:06

iPhoneにはポルノはないけど海賊版はある。iTunesで著作権侵害アプリがランキング1位!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが運営しているiTunesのApp Storeで昨日からとんでもない事態が起きています。無料アプリのランキング1位が、あきらかに任天堂の著作権を侵害しているアプリなのです。

 そのアプリの名前は『8-Bit Gamepac LITE』。掲載されているアプリのスクリーンショットを見れば分かるのですが、任天堂がファミコンで発売した『ワイルドガンマン』『アイスクライマー』にソックリです。

 アプリの紹介ページには多くのユーザーから「このアプリは著作権侵害だ」とのコメントが寄せられていますが、いまだにAppleはこのアプリの掲載を続けており、無料アプリランキングの1位を著作権侵害アプリが堂々と飾るという事態になっています。マジメに開発している他の開発者からしたらこれはたまりませんね。

 たしかジョブズはポルノ系アプリを「倫理的な責任がある」という理由でiPhoneから排除したと思うのですが、「他社の著作権侵害にはその責任がない」とでも言うのでしょうか?

 『8-Bit Gamepac LITE』を販売している会社はこのほかにもコナミの『ツインビー』をパクッたゲームも販売しており、コチラは『Original Twinbee(オリジナル・ツインビー)』というすごい名前だったりします。

 問題のあるアプリを公開しないためにあるはずの審査も、ここまでザルだとやっぱり“Appleに不都合なアプリを通さないためだけにある”のかと思ってしまいますね。まあ実際のところAppleは他社のiPhoneアプリのアイデアを勝手に特許として申請したりしていますし、自社以外の著作権については何も考えてないのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加