デジタルマガジン

2010年06月11日 14:00

太りすぎて飛べなくなった鳥が救出される

このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーストラリア、モスマン市の公園で飛べない鳥が犬に追い回されているところを救出されました。飛べない、と言ってもペンギンじゃありません。太りすぎて飛べなかったのです。

 その鳥とはワライカワセミ。救出当所は「翼を怪我していて飛べなかった」と思われていましたが、その後の検査で単に太りすぎだったことが判明したのです。その体重、545グラム。一般的なワライカワセミより40%も増量していたそうです。

 なぜこんなにブクブクと太ってしまったのか? 原因は人間たちが公園で行うバーベキューでした。残り物のウインナーを食べているうちに、こんな体になってしまったのだそうです。

 救出されたワライカワセミは、現在シドニーにあるタロンガ動物園のスタッフの手によってダイエットの猛特訓を受けています――もう一度空を飛べるように。

 それにしても太りすぎて飛べなくなるなんて……鳥の中にも食い意地の張った奴がいるものですね。

[ がらくたGallery via newslite.tv ]

このエントリーをはてなブックマークに追加