デジタルマガジン

2010年06月10日 11:00

【レビュー】生まれて初めて食べた二郎系ラーメン。その美味しさの魅力を知る

このエントリーをはてなブックマークに追加

 福岡の観光名所、ショッピングスポットとしておなじみのキャナルシティ博多。その5階に、ラーメンスタジアムという全国のラーメン店が集まったエリアがあります。

 ボクもよくここでラーメンを食べているのですが、先週から“スタミナメニュー”というキャンペーンをやっていまして、ついに食べることができました。そう、二郎系と呼ばれるラーメンです。

 本場東京の二郎も食べたことないのでこれが二郎と呼べるラーメンなのかどうかは分かりませんが、そのボリュームにはたしかに圧倒されました。大盛りとか何も頼んでない、素のラーメンがコチラです。

 正直、笑ってしまいました。

 今にも器からこぼれ落ちそうなスープ(実際箸をつけるとこぼれました)、上に盛られているモヤシの量、そして“ブタ”と呼ばれるチャーシュー。そのすべてが新鮮で、自然と笑いが出てしまいましたよ。

 味の方はというと……、美味しかったです! モヤシのシャキシャキ感、ブタの醤油辛い体に悪そうな味、中太麺にからむスープ、文句なく美味しかったです。この二郎系ラーメンを出しているお店は『むらさき食堂』というのですが、このお店の通常メニューのどのラーメンよりも美味しかったんですよ。ビックリしました。

 ラーメンはもちろん完食。スープは健康面を考えて残してしまいましたが、大満足です。食べ終わったあとを見れば分かりますが、スープの量が多いだけで麺自体はそこまでありません。上に飛び出ているのは全部モヤシだと思ってください。

 “スタミナメニュー”キャンペーンは6月20日までやっているそうなので、福岡に住んでいる、福岡に来る用事があるという方はぜひラーメンスタジアムによってみてくださいね。

 ラーメンスタジアム2

このエントリーをはてなブックマークに追加